東京都美術館× 東京藝術大学 「とびらプロジェクト」

これまでの開催プログラム

とびらプロジェクトオープンレクチャー

2013年5月12日~2013年10月26日

 

とびらプロジェクト オープンレクチャーvol.1「アート・コミュニティの形成—廃材/ものづくり/コミュニティ」
5月12日(日) 10:00-15:00
「捨て方のデザイン」中台澄之(株式会社ナカダイ)
「リペアデザイン」田中浩也(ファブラボ鎌倉主宰/慶應義塾大学環境情報学部准教授)

5月19日(日) 10:00-15:00
「廃材とコミュニティ・デザイン」山崎亮(Studio-L/京都造形芸術大学空間デザイン学科学科長)
「廃材がつなぐ・つたえるコミュニティ」
大月ヒロ子(IDEA R LAB代表/ミュージアムエデュケーションプランナー)、稲庭彩和子(東京都美術館)、伊藤達矢(東京藝術大学/とびらプロジェクト・プロジェクトマネージャー)、とびラー(とびらプロジェクトアート・コミュニケータ)

 

とびらプロジェクト オープンレクチャーvol.2「人間・前川國男を語る」 10月26日(土) 14:00-16:00
佐藤由巳子(前川國男 元・秘書、佐藤由巳子プランニングオフィス主宰)

いろいろ缶バッジ ターナー展の思い出を缶バッジにして持ち帰ろう!

2013年11月2日~2013年11月3日
色鉛筆やスタンプ、色のにじみやぼかしが描かれた紙や、ターナーの絵のプリントなどを組み合わせて、ターナー展の観覧の思い出を詰め込んだオリジナルの缶バッジをデザインするプログラム。
子供はもちろん、大人にも楽しんでご参加いただけました。

開催日

11月2日、3日

両日ともに11時~15時30分

開催場所

ターナー展2階休憩ロビー

とびらボードでGo!

2013年6月15日~2013年9月23日

 

特別展展示室会場で、中学生以下に「とびらボード」という磁気ボードを貸し出しています。

作品をじっくり鑑賞して、気づいたやきをスケッチできるように、という目的で貸し出しています。
不定期ですが、このボードにスケッチした絵をカードに印刷するワークショップを開催しています。
カードのフレームはとびラーのオリジナルデザイン。毎回、展覧会や季節に合わせてデザインしています。

開催された日:2013年6月15日(土)、6月16日(日)、8月25日(日)、9月15日(日)、11月16日(土)、2014年2月23日(日)

紙芝居

2013年6月8日~2013年9月23日
当館アート・コミュニケータ「とびラー」によるオリジナル紙芝居の上演。不定期に行われます。
6月に上演されたのは、「天才レオナルドと小悪魔サライ」。
「レオナルド・ダヴィンチ-天才の肖像展」(4/23-6/30)に合わせた内容でした。
9月に上演されたのは「ディアナの涙」。「ルーヴル美術館展」(7/20-9/23)に合わせた内容でした。

トビカン・ヤカン・カイカン・ツアー

当館のアート・コミュニケータ「とびラー」と一緒に、ライトアップされた東京都美術館の建築を散策しました。
本ツアーは不定期に開催しています。

[開催日]

9月13日(金)、20日(金)、27(金)

いずれも18時から18時30分

11月2日(土)、3日(日)

いずれも17時30分から18時

12月13日(金)

17時からと18時から

建築ツアー

当館のアートコミュニケータ:とびラーが、参加者の皆さんと一緒に、東京都美術館を散策します。
建築の見どころや、設計者のこと、お話ししながらの散策です。
奇数月第3土曜日14時から15時に開催。
2013年5月18日(土)、7月20日(土)、9月21日(土)、11月16日(土)、2014年1月18日(土)

東京都美術館×東京藝術大学 とびらプロジェクトフォーラム

第一部 クロストーク+パネルディスカッション
クロストーク:西村佳哲 × 稲庭彩和子
パネルディスカッション:日比野克彦・西村佳哲・森司・稲庭彩和子・伊藤達矢

会場:東京藝術大学 上野校地 音楽学部5号館 大講義室 (5-109)
日時:2014年2月16日(日) 13:00~15:30 (開場 12:30)
定員:280名 (参加無料・事前登録制・先着順)

第二部 オープンスペース・カフェ (参加無料・申込不要)

会場:東京都美術館 交流棟2階 アートスタディルーム
日時:2014年2月16日(日) 16:00~17:30

トーク∞トーク

2014年3月10日(月)
聞くと見える! 話すとわかる!
対話をしながら、2~3点の作品をグループで鑑賞。見えない人、見えにくい人、見える人…、さまざまな背景を持つ人と一緒に、
じっくりと作品に向かい合うことを通して「聞くこと」・「話すこと」は、作品の新たな魅力を教えてくれるかもしれません。

プログラムがありません