東京都美術館× 東京藝術大学 「とびらプロジェクト」

ブログ

「ポンポンに挑戦 シロクマ大行進!!」

「メトロポリタン美術館展」にちなんだワークショップ「ポンポンに挑戦 シロクマ大行進!!」が、22日・23日の2日間開催されました。会場は特別展示室前のフォワイエです。

 

今回のワークショップは参加できるのは「メトロポリタン美術館展」を観覧頂いた来館者限定です。その理由は展示作品であるフランソワ・ポンポンの「シロクマ」を鑑賞するところからこのワークショップがはじまるからです。写真が展示されている大理石でできた「シロクマ」です。ゆったりとしてどことなく愛らしい雰囲気のある作品ですね。

 

「ポンポンに挑戦 シロクマ大行進!!」では、フランソワ・ポンポンに負けない「シロクマ」をつくることを目指します。参加方法は至って簡単。手順は写真の通りです。会場にはお隣の上野動物園でとびラー候補生(以下:とびコー)が撮影したシロクマの写真があちらこちらに掲示されました。

 

紙粘土をもらった来場者のみなさんが、熱心に「シロクマ」をつくっています。やり方はいたって簡単ですが、それだけに奥が深い作業です。誰でも参加できて、個々人のこだわりと個性がはっきり現れます。

 

あっと言う間に、会場はたくさんの来館者で満員御礼となりました。シロクマの帽子をかぶっているのはとびコーの皆さんです。

 

出来上がった「シロクマ」は持って帰ってもOK。でも、たくさんの方に見て頂きたい場合は、氷山の上に展示することもできます。フランソワ・ポンポンの「シロクマ」を思い出しながら、そして本物の「シロクマ」の写真を参考にしながら、自分の手でシロクマの形を確かめることにより、より作品の奥深さを感じ取ることができます。「シロクマ」をつくり終えたあと、「もう一度、展示室のシロクマをみたい!」という参加者には再入場して頂きました。楽しさや親しみ安さの中に、作品をより深く味わうための仕掛けがひっそりと含まれているのが「とびら」らしさですね。

 

2日間でつくられた「シロクマ」の数は凡そ500体以上に登りました。最後は展示して頂いたシロクマをならべて大行進させました。クリスマス前の対しいワークショップでした。
(とびらプロジェクト マネージャ 伊藤達矢)

 

 

2012.12.23

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー