東京都美術館× 東京藝術大学 「とびらプロジェクト」

東京都美術館 × 東京藝術大学 「とびらプロジェクト」フォーラム 美術館から社会的課題を考える ― する/されるをこえて 平成29年2月4日(土)

第一部

・とびらプロジェクトとは? … 大谷郁(東京藝術大学特任助手 とびらプロジェクト・コーディネータ)

・クロストーク 西村佳哲×稲庭彩和子
 一緒に冒険をする、ということ

・パネルディスカッション … 日比野克彦・西村佳哲・森司・稲庭彩和子・伊藤達矢
 未来をつくらないコミュニケーション、つくるコミュニケーション
 ― アート・コミュニケータへの期待

会場/東京都美術館 講堂 時間/13:00~15:30 開場:12:30

定員/220名参加費無料、事前申込制[先着順] ※定員になり次第締め切ります。)

とびらプロジェクトでは、美術館は「アートを介して人々が関わりあう場」「未来をつくる創造的なコミュニケーションが生まれる場」であると捉え、さまざまな活動に取り組んできました。現在、約120名のアート・コミュニケータ(愛称:とびラー)が人と人、人と作品、人と美術館をつなぐさまざまな活動を展開しています。今年度はさらに多様なコミュニティと関わりを作る活動に積極的に取り組み、中でも経済的に困難な状況にある子供たちや、海外にルーツを持ち文化的なギャップなど困難を抱える子供たち、また児童養護施設に暮らす子供たちともアートを介した活動をしてきました。今回のフォーラムではそのような現場で起こる「する / される」という関係性を超えた共同的なコミュニケーションについてフォーカスし、その豊かな可能性について考えます。

  • 日比野克彦 東京藝術大学教授 とびらプロジェクト代表教員
  • 西村佳哲 働き方研究家 リビングワールド代表 とびらプロジェクト・アドバイザー
  • 森司 アーツカウンシル東京 事業推進室 事業調整課長 とびらプロジェクト・アドバイザー
  • 稲庭彩和子 東京都美術館学芸員 アート・コミュニケーション担当係長
  • 伊藤達矢 東京藝術大学特任准教授 とびらプロジェクト・マネージャ

第二部

オープンスペース・カフェ(参加無料・申込不要)

会場/東京都美術館アートスタディルーム(交流棟2階)

時間/15:45~17:15

「とびらプロジェクト」の活動拠点を公開し、参加者同士がフランクに対話できるカフェを開きます。また、パネリストやアート・コミュニケータ(とびラー)が皆様からの率直な質問にも答え、普段の活動が分かる資料等も見ることができます。

参加申込方法

主催 / 東京都美術館(公益財団法人東京都歴史文化財団)、東京藝術大学
企画・運営 / 東京都美術館× 東京藝術大学 「とびらプロジェクト」

とびラー募集!募集人数40名