東京都美術館× 東京藝術大学 「とびらプロジェクト」

ブログ

女子美 卒展さんぽ 2015

東京都美術館で開催された「女子美スタイル2014(女子美術大学 大学院・芸術学部・短期大学部 選抜 卒業・修了制作展。以下、卒展)」にて、期間中の3月7日に、とびらプロジェクトでは「女子美 卒展さんぽ」のプログラムを開催しました。
以下に、開催した「卒展さんぽ」をご紹介していきます。

■「卒展さんぽ」とは、どんなプログラム?

「卒展さんぽ」のプログラムは、さんぽのような気軽な感覚で、卒展の作品をみんなでみたり、作者と会話したりして、作品と作者との交流を楽しむプログラムです。アートを介して、人(来館者)と人(作者)をつなぐことをコンセプトにしています。
※東京藝術大学 卒業・修了作品展でも「卒展さんぽ」を開催しました(当日の様子はコチラ)。

 

■当日の様子をご紹介

【参加者の受付。とびラーからプログラムの流れを説明しながら、さんぽ気分を高めています】

01

【受付から展示室に入ります】

02 03

【展示室をさんぽ気分で巡っています】

04

05

06

【作品を参加者同士でみて、思ったこと、感じたことを共有しています】

07

08

【作者から作品コンセプトを説明したり、参加者からの質問に答えたりなど、参加者(来場者)と作者が交流しています】

09

10 11

16 13

14 15

12

【展示室をめぐったとは、みんなで感想を共有します】

17

■ 参加者はどんな印象だったの?

プログラムに参加した作者および来館者からの感想を少しご紹介します。

<作者の感想>
「鑑賞者と直接お話する機会が少ないため、とてもいい経験をさせてもらいました」

<参加された来館者の感想>
「作者の思いを聞くことができてよかったです」
「作者の方のお話しが聞けて、作品を生み出す前の思考がわかったのがとてもよかったです」
「いろいろな、みる視点を頂けて、見ず知らずの人達とみる体験は本当にいい機会でした」

■おわりに

当日、印象的なこととして、わたしが案内したグループに、将来、美大に行きたい男の子がいました。その男の子が目を輝かせながら作者と話している光景が、今でも印象に残っています。当日の体験は、男の子にとっては将来を考える貴重な場となり、作者にとっては普段、話すことできない鑑賞者に出会える新鮮な場となり、またその他参加者全員にとって和やかな気持ちになる場となりました。
今後もまた女子美スタイルにて、人(来館者)と人(作者)をつなぎ、双方の考えや思いを共有することで新しい価値の創出を目指していきたいと思っています。
それでは来年の「卒展さんぽ」にて、これから出会う、新しいみなさんにお会いできることを楽しみにしています。


執筆:植田清一(アート・コミュニケータ「とびラー」)
民間企業で勤めるかたわら、週末はアートを介した学びの場づくりを実践している。

2015.03.07

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー