東京都美術館× 東京藝術大学 「とびらプロジェクト」

とびらプロジェクト オープンレクチャーVol.10
「とびらプロジェクト」では、美術館をはじめとした文化施設の社会的役割に注目し、さまざまな活動に取り組んできました。この活動から生まれた関心や私たちが目指す社会の姿について、広く一般の方々と考える機会を設けたいと考え、毎年「とびらプロジェクト オープン・レクチャー」を開催しています。
第10回となる今回は「モノのための美術館?人のための美術館? ―コミュニケーションと建築のいい関係」と題し、二人の建築家の視点を交えながら、次世代の美術館のあり方について考えます。ゲストのお二人は、文化施設の設計・計画を数多く手がける藤原徹平氏と、建築計画に留まらず様々な表現分野とのコラボレーションを重ねる佐藤慎也氏です。
多様化する社会と共鳴しながら、そのあり方を問い続ける美術館。多様な文化や人々が関わり合い、豊かなコミュニケーションが生まれるために、建築空間はどのように作用しているのでしょうか。登壇者とともに、次世代の美術館の建築とコミュニケーションのいい関係について考えを深めていきます。
開催概要
日時 2019年11月23日(土・祝)14:00〜16:30(13:30開場)
会場 東京都美術館 講堂
定員 220名(事前申し込み制・先着順 ※定員になり次第締め切ります。
参加費 無料
登壇者
佐藤慎也(建築家、日本大学理工学部建築学科教授)
藤原徹平(建築家、フジワラテッペイアーキテクツラボ主宰、横浜国立大学大学院Y-GSA准教授)
稲庭彩和子(東京都美術館学芸員 アート・コミュニケーション係長、とびらプロジェクト / Museum Start あいうえの プロジェクトマネージャ)
伊藤達矢(東京藝術大学美術学部特任准教授、とびらプロジェクト / Museum Start あいうえの プロジェクトマネージャ)
その他 手話通訳、UDトークによる文字表示支援あり
申込方法 申込フォームに必要事項を入力の上お申込みください。申込を受け付けた方には、参加証を返信いたします。
 

→ 申込フォームはこちら

プロフィール

佐藤慎也

kazue kawase

佐藤慎也(さとうしんや)

建築家
日本大学理工学部建築学科教授

1968年東京都生まれ。建築に留まらず、美術、演劇作品制作にも参加。建築には、「アーツ千代田3331」改修設計(メジロスタジオ共同設計、2010)、「八戸市新美術館」建設アドバイザー・運営検討委員会委員(西澤徹夫建築事務所・タカバンスタジオ設計系共同体設計、2021開館予定)など。美術には、『+1人/日』(2008、取手アートプロジェクト)、「としまアートステーション構想」策定メンバー(2011-17)、『みんなの楽屋』(あわい~、2017、TURN フェス2)など。演劇には、『個室都市 東京』ツアー制作協力(高山明演出、2009、フェスティバル/トーキョー)、『アトレウス家シリーズ』(2010-)など。

藤原徹平

藤原徹平(ふじわらてっぺい)

建築家
フジワラテッペイアーキテクツラボ主宰、横浜国立大学大学院Y-GSA准教授、一般社団法人ドリフターズインターナショナル理事、宇部ビエンナーレ運営委員・選考委員・展示委員

1975年横浜生まれ。建築家としてだけでなく、現代アート、彫刻、パフォーミングアーツなど領域を越境した活動を展開。主な建築作品に<等々力の二重円環>、<代々木テラス>、<稲村の森の家>、<那須塩原市まちなか交流センターくるる>など。その他活動として<ドリフターズサマースクール(2009~2012)>、<2011港のスペクタクル>、<宇部ビエンナーレ会場デザイン(2012~現在)>、<キュッパのびじゅつかん展会場デザイン>、<リボーンアートフェスティバル2017会場デザイン>、<ヨコハマトリエンナーレ2017会場デザイン>など。受賞に横浜文化賞 文化・芸術奨励賞 日本建築士会連合賞奨励賞、東京都建築士会住宅建築賞など。

稲庭彩和子

稲庭彩和子(いなにわさわこ)

東京都美術館学芸員 アート・コミュニケーション係長
とびらプロジェクト / Museum Start あいうえの プロジェクトマネージャ

1972年横浜生まれ。青山学院大学にて修士、ロンドン大学UCLにて修士修了。専門は芸術学、文化資源学。神奈川県立近代美術館勤務を経て、2011年より東京都美術館のアート・コミュニケーション事業を統括。共著『100人で語る美術館の未来』(慶応義塾大学出版)、監修『ペネロペと名画をみよう』(岩崎書店)等。

伊藤達矢

伊藤達矢(いとうたつや)

東京藝術大学美術学部特任准教授
とびらプロジェクト / Museum Start あいうえの プロジェクトマネージャ

1975年福島県西会津町生まれ。東京藝術大学大学院博士課程美術教育修了。博士号取得。アートプロジェクトのディレクションなど、多様な文化プログラムの企画立案に携わる。共著に『TOKYO1/4が提案する東京文化資源区の歩き方』(勉誠出版)、『ミュージアムが社会を変える~文化による新しいコミュニティ創り』(現代企画室)等。

アクセス
〒110-0007 東京都台東区上野公園8-36
https://www.tobikan.jp/guide/index.html
【交通案内】
JR上野駅「公園口」より徒歩7分
東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅「7番出口」より徒歩10分
京成電鉄京成上野駅より徒歩10分
※当館には駐車場はございませんので、車でのご来館の際はご注意ください。
主催 東京都美術館(公益財団法人東京都歴史文化財団)、東京藝術大学
企画・運営 東京都美術館×東京藝術大学「とびらプロジェクト」
お問合わせ p-tobira tobira-project.info(とびらプロジェクト)