とびらプロジェクトとは?

東京都美術館と東京藝術大学の連携事業「とびらプロジェクト」が始動しました。

「とびらプロジェクト」とは、美術館を拠点に、アートを介したコミュニケーションを促進し、オープンで実践的なコミュニティの形成を目指すプロジェクトです。美術館での体験が、人々にとってこれまでよりも深められ、新たなコミュニケーションを生むきっかけとなることを目指します。

「とびらプロジェクト」の名称は、東京都美術館の略称の「都美(とび)」と、アートを介して開かれるさまざまな世界への「扉」に由来しています。そして、美術館のある暮らしの中でのさまざまな体験の質を深め、共有する場を支え、アート・コミュニティをつくっていくのが、アート・コミュニケータ「とびラー」です。私たちが生きる世界への「扉」を増やすことを、アートを介して実践してみようとする人たちです。このプロジェクトは東京都美術館と東京藝術大学が協力して運営していきます。

例えばこんな活動をしていきます ・造形ワークショップの企画や運営をサポート ・美術館体験や作品鑑賞を深めるワークショップの実施やサポート ・子どもたちとの対話を通した鑑賞プログラムの実践 ・建築家・前川國男が設計した都美の建物の魅力を紹介する「建築ツアー」のガイド役 ・アート・コミュニケーションに関わる新しいプロジェクトの提案と実施 ・普段は入れない美術館の舞台裏をめぐるツアーをサポート ・障がいのある方々がゆっくりと鑑賞できるオープン・デーの運営サポートや、来館者の鑑賞の伴走役 ・学校との連携事業をサポート

アート・コミュニケーション事業とは?

開館から 86 年の歴史を持つ東京都美術館は、新たな出発をするにあたり、大型の特別展や公募団体の展覧会に加えて、独自の企画展や美術館をより深く楽しめるアート・コミュニケーション事業をはじめます。
アート・コミュニケーション事業は、美術館の体験が、人々にとってこれまでよりも深められ、その一人ひとりの体験が響き合い、新たなコミュニケーションを生むきっかけとなるようなプログラムを行うものです。

東京都美術館のミッション(使命)

新生・東京都美術館は、「アートへの入口」となることを目指します。展覧会を鑑賞する、子どもたちが訪れる、芸術家の卵が初めて出品する、障がいのある人も何のためらいもなく来館できる美術館となります。訪れた人が、新しい価値観に触れ、自己を見つめ、世界との絆が深まる「創造と共生の場=アート・コミュニティ」を築き、「生きる糧としてのアート」に出会える場とします。これらを実現することで、東京都美術館が人びとの「心のゆたかさの拠り所」となるようにします。

「とびらプロジェクト」をさらに詳しく紹介
ページTOPへ