東京都美術館× 東京藝術大学 「とびらプロジェクト」

ブログ

【とびラボ】若冲らうんじ開催しました!

2016.05.15

5月15日。5月晴れの爽やかな日曜日にとびラー主催、1日限りの「若冲らうんじ」をオープンしました!連日大人気の若冲展。展覧会を観に来られた方に“ゆっくり“楽しく”過ごして、改めてじっくりと若冲の作品と向き合ってもらいたい。そんな思いを込めて様々な角度から若冲の作品が「体感できる」と、とびラーが企画したプログラムを6つご用意しました。

画像1

目印はとびラーが作ったカラフルなビジュアル。

画像2

とびラー作成のチラシ。

画像3

ロビー階でチラシを配ってアピール。興味もってくれたかな?

画像4

 

入口ではコンシェルジュがお出迎えしています。

それでは、各プログラムをご紹介しましょう~!

プログラム①「若冲のスゴ技を知って、羽を描いてみよう!若冲缶バッジ」

若冲の「筋目描き」「枡目描き」「裏彩色」3つの技法を実際に体験しながら若冲の絵を写します。可愛い缶バッジになるだけではなく、技法や絵の繊細さに触れ改めて若冲の凄さに感服です。

画像5

 

大人から子供まで、みんな真剣!!

画像6

世界に1つだけの若冲缶バッジができました!

画像7

若冲のスゴ技にビックリ!

プログラム②「ことばで見よう!おしゃべり若冲鑑賞会」

図録をみながら展覧会でどんな所が気になったか、作品に対してどんな事を思ったか等、とびラーを交えて自由におしゃべり。また他の人の話に耳を傾けることによって、同じ感想や思いもよらない発見がありました。若冲への想いが弾けます。

画像8

赤ちゃんも参加かな?

画像9

若冲への言葉が溢れています。

プログラム③「見てビックリ!若冲チョコとチョコっとチョコレートアート体験」

とびラーが作った芸術的なチョコレートアートの鑑賞も楽しみながら、自分でも体験して

若冲作品をチョコレートに変身させます。自分だけではなく、プレゼントをしたり一緒に楽しむことが出来るチョコレートアート。帰ってからも楽しめるレシピ付きで、チョコレートの甘い香にもほっこり癒されます。

画像10

とびラー作成のチョコレートアート。これがチョコレート?!と皆ビックリ。

画像11

実際にチョコレートで体験してみます。

プログラム④「みて!よんで!とって!若冲かるた」

若冲の作品を絵札に参加者が読み句を自由につくってオリジナルの若冲かるたを作成。読み句を作ったら、みんなでかるた遊び。自分では気づかなかった発見に大盛り上がり!

画像12

さぁ~よく見て。どの作品か分かるかな?

プログラム⑤「全部押したい!若冲の消しゴムはんこ」

これまた、とびラーが作った若冲のオリジナルスタンプが登場!自分のお気に入りの場所に押してみたり、消しゴムハンコを使ってオリジナルの若冲作品を作ってみたり。ハンコに彫られたものが、どの作品なのかも気になります。

画像13

沢山あるので、どれにしようか迷っちゃう。

画像14

キレイに押せました。

画像15

なんと、目の前で消しゴムハンコの実演も!

プログラム⑥「若冲の不思議な動物たち~紙粘土で作るJAKUZOO~」

若冲の作品に出てくる不思議な動物たち。もし動物たちが立体で飛び出てきたら??そんな想像をしながら若冲の動物たちを粘土で作ってみました。

画像16

作品をよく見て、想像して・・

画像17

若冲がみていた像もこんなだったかな?

その他に「虫眼鏡付きだよ!ゆっくり図録コーナー」では、とびラーと図録と虫眼鏡が。虫眼鏡を使って細かいところまで見てみたり、展覧会で気になった作品について話したり、リラックス空間となりました。

画像18

また、会場内ではリアルタイムマガジンを発行。現場の雰囲気をそのままに若冲らうんじの“イマ”をリアルタイムにお届け。

画像19

とびラー編集長が随時更新!!

画像20

今回は155名の方にご参加いただきました。ありがとうございます。

ご参加いただいた皆さまにとって若冲の新しい発見や楽しさに繋がったら、とても嬉しいと思います。とびラーの私たちも楽しいだけではなく、いろいろな方との出会いや会話の中に驚きや感動がありました。これからも、より作品や美術館が好きになっていただけるような出会いを探していけたらと思います。また、お会いしましょう〜!


執筆:アート・コミュニケータ(とびラー) 並木 百合

アートがコミュニケーションになる楽しさを感じている、とびラー2年目。

” 一語一笑 ”人との出会いに笑顔を忘れずに、これからもアートの楽しさを届けます。

第三回基礎講座:「作品を鑑賞するとは?」

2016.05.14

今回は「作品を鑑賞すること」について考える講座です。午前中にアートスタディールームで3つの映像を見て話し合い考え、午後には実際に東京都美術館の展示室で、対話による鑑賞を体験しました。

_MG_6210

講師をつとめるのは、東京都美術館 学芸員 アート・コミュニケーション担当係長の稲庭彩和子さん。

最初に見た映像はアメリカはメトロポリタン美術館の館長であるトーマス・キャンベルのTEDでのプレゼン映像:「美術館の展示室で物語をつむぐ」。美術館の展示室という場所で作品を鑑賞したときに起こる体験について、キュレーターとしての哲学とともに、語られています。

映像を見終わったあと、気になったキーワードについて、まずはとびラー同士3名で感想や気になった点をシェアし、さらに全体で何人かの意見を発表していきながらプレゼンを振り返りました。

_MG_6199

_MG_6195

トーマス館長が語っている「美術館の作品のまえで居心地が悪いと感じている来館者」に対して、アート・コミュニケータ「とびラー」としてどんなことができるのか、考えた方も多かったのではないでしょうか。

また、トーマス館長が導入で語っている大学の授業で先生から言われた言葉「自分の眼で見る」という話を聞いて、自分の眼で見ることが自分はできているか?と自分の体験をふりかえった方もいると思います。
作品が目の前にあるのに、説明のキャプションを読んでみた気持ちになってしまったり、予備知識で学んだ専門知識を確認して満足したり、作品のイメージを見て、つい昨日の夕ご飯を思い出して目の前の絵から離れてしまったり、実際に作品そのものを「よく自分の眼で見る」ということは意外に難しいのです。それは美術史の学生にとってもとても良い教えだったとトーマス館長は振り返っています。
他にもミュージアムで「本物」に出会う意味や、ミュージアムだからこそできる、異文化への提示の仕方、その影響力など、ほんの16分の映像の中にたくさんのヒントが散りばめられていました。

稲庭さんはこのトーマス館長のメッセージを通して、「私たちにとって美術館での鑑賞体験とは何か?」ということを意識的に考え続ける必要がある、ことを示唆されていました。そして、絵の鑑賞の仲介役になるときには、常に「絵に戻るファシリテーションをすることがコツ、という次の映像へのヒントも出していました。

では、いよいよ作品を前にして、どのようなことをこの「ファシリテーター」は行っているのか?

対話による鑑賞を使った手法:Visual Thinking Strategies(以下:VTS)について映像を通して学びます。イザベラ・ガードナー・スチュワート美術館で行われている取り組みを紹介した映像です:「Thinking Through Arts
この映像では、子供達(作品を鑑賞することに慣れていない初心者)が対話を通して作品を見ていくときに、どのような反応するのか、またファシリテーターがどのような働きをしているのか見ていきます。

映像を見た後、まずは先ほどとはまた別の3人組になって感じたこと、疑問に思ったことなどをシェアします。

_MG_6228

みんなの疑問・質問をあげてもらい、順番に答えていきます。

_MG_6232

「鑑賞をして、こどもたちが作品に対して自由な意見を言っているのに対し、おとなはいわゆる『正解』を伝えないのか?」

VTSでは、「絵を鑑賞すること」だけが目的ではありません。絵の鑑賞を通して、主体的な学びのステップを踏んでいくことを目的としています。稲庭さんは、その内容を3つのポイントにして伝えていました:
● ホンモノの作品を前にして考える、よく見る
● 考えたことを言語化する
● 言語化したことをみんなの前で提示する
実際に行われているのはこの3つ。これが、どのようにしてこどもたちの「学び」につながるのでしょうか?

次に出た意見は「こどもの意見が自由に言い合えるには、おとなが鍵だと思った」。

そう、まさにファシリテーターがしているのは、みんなが話しやすい環境の場づくり。
こどもたちは、「思ったことを言ってもいいんだ」という安心感を持って考えたことを言葉にし、それを聞き合い、互いの違いを認め合う環境をファシリテーターが作っているのです。そして、子供達の発言を別の言葉で言い直して確認したり、いくつかの発言をつなげて伝え直したり、みんなの発言を編集しながら、中立的なファシリテーションを心がけることで、だんだん見えていることへの理解が深まっていくのです。

午前中の最後には、実際にとびらプロジェクトが取り組んでいる学校連携事業:スペシャル・マンデー・コースの映像を紹介して終わりになりました。

午後は、午前中で学んだことをふまえて実際に展示室に行って「対話による作品鑑賞」を体験しました。

_MG_6399

3・4期生とびラーのみなさんが小さな旗を持ってご案内します。

この日に見た展覧会は、「ベスト・セレクション展」。各公募団体より推薦された作家方の作品が展示されており、いろいろな公募団体の展示を一同に見ることができます。

まずは各グループ8〜9人ずつになって作品の前で対話型鑑賞。

_MG_6457

一人がファシリテーターとなり、鑑賞者が気づいたこと・感じたことを言葉にしてもらいながら、交通整理をしていきます。

_MG_6468

_MG_6446

_MG_6472

_MG_6478

その後、さらに3〜4人の小グループに分かれ、展示室内をお散歩しながらグループ鑑賞を続けます。おしゃべりをしながらの作品鑑賞です。

_MG_6257

_MG_6259

_MG_6256

_MG_6507

_MG_6514

_MG_6498

たっぷり1時間ほど作品鑑賞を味わったあと、ふりかえり。どんな体験となったでしょうか?

5期生のみなさんは、さっそく「ファシリテーター」という存在について気になった様子。どんな風な準備をされているのか?どうしたら私もあんな風になれるの?という質問もありました。

_MG_6522_

_MG_6517_

稲庭さんはファシリテーターの準備について、このようなアドバイスを伝えていました:

ファシリテーターが行なっていた言葉の「いいかえ」や全体の対話の文脈をつなげる「リンク」をさせる作業は、通訳のお仕事と似ています。
発言者が本当に言いたいことは何か、それをその場にいるみんなで共有するにはどんな風に伝えたら良いか、を考えています。まさに、作品と鑑賞者との仲介役となっているわけです。
そのためには、たしかにたくさんの訓練や準備が必要です。作品の中にも、物語のように「あらすじ」があると考えたら、ファシリテーターはその
作品のあらすじやストーリーをつかんでいることが大事。
事前準備の段階で言葉出しの作業をしたり、言葉同士をつなげる分析の作業をしたりしていると、発言者からその言葉が出てきても慌てずに対処ができるわけです。

さらに、「準備はどれくらいの時間をかけるの?」という質問に対して・・・

準備は人それぞれではありますが、たくさんの作品を「見る」ことに慣れることによって、準備が早くなっていきます。視界に入ってくる情報はみんな同じように目にしていると思いがちですが、実は経験値がそれぞれ異なります。ヴィジュアルの(視覚的な)経験値を鍛えることで、視覚的な情報をどんどんキャッチできるようになっていきます。

午前中でインプットされた学びが、午後の実体験を通じてたしかに学びにつながっているのだということが伝わる時間となりました。

「ファシリテーター」のやり方や鑑賞の場づくりについて詳しく学ぶことができるのは、「鑑賞実践講座」にて。本日案内してくださった3・4期のとびラーも、1〜2年前にそれぞれ始めたばかりでした。これからぜひご一緒に、「鑑賞体験とは?」「作品を鑑賞することとは?」ということを考えつづけながら、”とびラー流ファシリテーション”を身につけていって欲しいと思います!

次回からは基礎講座もいよいよ折り返し。「とびらプロジェクト」について考える機会として、ぐぐっと迫ります。

 

(東京藝術大学 美術学部特任助手 鈴木智香子)

第二回基礎講座:「社会装置としてのミュージアムの役割とは何か、そこでのとびラーの役割とは何か」

2016.04.30

第二回基礎講座のテーマは「社会装置としてのミュージアムの役割とは何か、そこでのとびラーの役割とは何か」でした。今回の講座は、「Museum Start あいうえの」のミュージアム・スタート・パックを持って上野公園のミュージアムをめぐる午前の部と、文化施設の役割とは何か、アート・コミュニケータの役割と実践とは何かを、講師のトーク・セッションを通じて考える午後の部で構成されました。講師は東京藝術大学教授の日比野克彦さん、アーツカウンシル東京の森司さん、そして、東京都美術館の稲庭彩和子さんです。

 

講座がはじまるとまず稲庭さんから、「Museum Startあいうえの」のティーンズ学芸員(→活動の様子はこちら)の様子が動画で紹介されました。アート・コミュニケータや学芸員との対話を通じて作品を鑑賞し、感じたこと、考えたことを文字と声に起こして、オーディオガイドで発信するプログラムです。ティーンズの動画から、自分の目で見て考えるとは一体どんなことなのかを学んだら、さっそく東京国立博物館、国立西洋美術館のそれぞれに向かう2つのグループに分かれて、自分のお気に入りの作品を探す冒険へと出発です。

 

1

こちらのグループは、国立西洋美術館へと向かいました。

 

2

9つの文化施設が点在する上野公園には、日本を代表する素晴らしい文化施設やコレクションが集積しています。そんな上野公園のミュージアムにブックを持って出かけてみるとどんな体験ができるのでしょうか。

 

3

お気に入りの一点をえらんでじっくりと鑑賞し、心に浮かんだこと、考えたことをブックに書き込みます。自分の声に耳を傾けながら、これまでとは違った視点から作品を見つめるためのレッスンです。こうした体験は、上野公園やそこで大切にされているモノに慣れ親しみ、アート・コミュニケータとして充分に活用して行くために必要な経験を高めるプロセスとなります。

 

じっくりミュージアムを体験する午前のプログラムでウォームアップしたあとで、午後からは基礎講座の教室(都美のアートスタディルーム)に場を移し、文化施設の社会的役割とは何か、アート・コミュニケータとしての役割とは何かについて、講師の日比野さん、森さん、稲庭さんによるトーク・セッションを通じた講座が行なわれました。

 

まずは、稲庭さんから新たに入ったとびラーへ、「対話の場」としての可能性という視点から、ミュージアムとアート・コミュニケータとはなにか、共有したい問いが提起されます。

 

_MG_5918

_MG_5902

ミュージアムという場での対話とはどのようなものなのか。

 

ここでは対話は、自己と他者がそれぞれ異なる存在であることを知るためのプロセスや体験であること、そして対話という活動を通じてミュージアム体験が深まるという考え方が共有されていきます。さらにそこから、対話から発展的に生まれるケアという概念―深く対象に心を向けることへと視野を拡張して考え、「対話の場」としてのミュージアムの可能性をより深く捉えていきます。

 

5

6

知り合って間もないとびラー同士も、稲庭さんから提供されたアイディアにいて一緒に考えるうちに、徐々に打ち解けてきた様子です。

 

7

8

全体で少しずつまなざしの共有がはじまったところで、講師の日比野さんと森さんから、美術館とはどんなところで、とびラーはどんな役割を担うのか、具体的な事例を通じてイメージが具体化されていきました。

 

ここでは、日比野さんの体験から事例やアイディアがいくつも提供されました。はじめに、先月中旬に発生し、相次ぐ揺れで大きな被害を及ぼした熊本地震における熊本城の復興を願う動きについて、都市のアイデンティティとシビック・プライドという観点からお話がありました。震災により、まちに住む一人一人の当事者としての意識、そして文化財に対する愛着や誇りを再認識させられる事例にふれることで、とびラーたちは文化的なモノがつないでゆく人の気持ちと、つなぐ役割りを担うとびラーという存在について思い思いに考えを進めます。

 

さらに、日比野さん、森さんが携わって来た、「TURNフェス」そして「明後日朝顔」の活動から、美術館のフレーム、アートのできることについて考えていきます。両プロジェクトは、人々が関わり合い、人と人の関係性の中から創造されてくるカタチを芸術の根本と捉え、社会の中における芸術の機能性・多様性を試み、様々な「個」の出会いと表現を生み出すアートプロジェクトです。

 

「TURNフェス」の詳細は、こちら

「明後日朝顔」の詳細は、こちら

 

9

実際に美術館のフレームを取りはらうような事例を見ることで、ワークショップにおけるプロセスそのものも作品として定義されるようになってきていること、その延長線上に、展示が毎日変化するような「キュッパのびじゅつかん―みつめて、あつめて、しらべて、ならべて」展のようなものが生まれていることなど、現代社会と美術館のいまに切り込んだ興味深い見方が提供されました。なかでも、「明後日朝顔プロジェクト」が、金沢21世紀美術館にコレクションされたというお話は、コトをコレクションする斬新さとアートの承認機関としての役割を担う美術館の存在といった、これからのアートと美術館の可能性を捉えた示唆に富む話だったのではないでしょうか。

 

このふたつのプロジェクトをながめるなかで、日比野さんと森さんは、人と人・人とアート・アートと社会のコミュニケーションを促すコミュニケータの役割を問います。多彩な人材・文化資源を活用しながらデザインされていく美術館と社会、アートと社会とのつながりを見据えた文化的なプロジェクトは、人のつながりによってつむぎだされていく。こうした一つ一つのアイディアが、日比野さんと森さんが実際に手がけたプロジェクトとともに紹介されることで、時折笑いもおこる和やかな雰囲気のなか、「社会装置としてのミュージアムの役割」という第二回基礎講座のテーマを考える豊かな時間を提供してくれました。

 

ここからは、第二回基礎講座を終えての番外編。

今年度で16年目を迎える「障害のある方のための特別鑑賞」についての説明が、東京都美術館の大橋菜都子さんによって行なわれました。特別鑑賞会は、特別展の休室日を利用し、障害のある方もゆっくり鑑賞できることを目的としてはじまったプログラムです。大橋さんから特別鑑賞会の成り立ちや活動内容、とびラーがどのように鑑賞者をサポートするのか、写真等を用いた紹介をつうじて、とびラーは活動の目的とイメージの理解を進めていきました。

 

講座が終わったあとは、早速オープンとびラボが開催されました。5期のとびラーとともに5年目を迎えた「とびらプロジェクト」が、いよいよ始まります!

(Museum Start あいうえの プログラム・オフィサー 渡邊祐子)

【アート・コミュニケータ東京】「藝大ガイドツアー 〜春らんまん編」開催しました!

2016.04.30

4月30日(土)、「藝大ガイドツアー〜春らんまん編」を開催しました。
校内の建築、植栽、彫刻を1時間程かけてじっくりご案内。ガイドは3年の任期を満了したとびラーたちが立ち上げた「アート・コミュニケータ東京」のメンバーと、とびラーが務めました。

 

■受付
当日は、美しい新緑に木漏れ日が射す、春うららかな気持ちの良いお天気。ツアー開始15分前の受付時間になると、メンバーの呼び掛けに合わせて、お客さまがぞくぞくとお集りくださり、午前の部、午後の部で計57名の事前にお申し込み頂いた、全てのお客さまにご参加頂きました。

DSC00848

メンバーのオリジナル製作によるカードを持ってお出迎え〜受付。出発までの間は大切なアイスブレイクタイム。お客さまの期待に応えねばとワクワク、ドキドキする瞬間です。

IMG_3914

 

■ツアースタート
小さなお子さんから大人までの幅広いお客様が集まった今回のツアー。和やかな雰囲気の中で、まずはガイドの自己紹介からスタート。

IMG_3847

DSC00830

藝大の生い立ちについて、江戸時代には寛永寺の境内だった頃からのランドスケープの変遷を交えて判りやすく説明し、参加者も興味津々の様子。

 

■陳列館
我らが東京都美術館の前身の東京府美術館と同じ岡田信一郎の設計ときたら、ガイドに熱も入ります。

IMG_1737

IMG_3923

スクラッチタイルに触れ、象徴的なギリシャ・ローマ風の天窓を外から室内から見上げます。

DSC00836

ロダンの出世作『青銅時代』がナゼここに?二重橋の飾電燈がナゼここに?を話すと、参加者からへぇ〜との声が。

 

■正木記念館

まずは等身大の正木直彦像がお出迎え。功績、人柄はもちろんですが、木製でも銅製でもなく、実は陶器製のこの像に参加者のみなさんは興味津々。

DSC03578

そして今回、特別にツアー参加者のみ室内へ。

DSC00841 IMG_0027

DSC00846

二階に広がる和室の展示空間に映える、高村光雲の透かし彫りの欄間を紹介すると、見上げる大人たちに混じって小学生の女の子が、鳥や木の実と細部に描かれているモチーフを発見してくれました。

 

■美術学校旧本館玄関、鬼瓦
陳列館と正木記念館の間では、移築による文化保存の好例としても取り上げられる美術学校旧本館の玄関が参加者を迎えます。

IMG_0012

DSC03566

正木直彦学長はもちろん、平山郁夫学長もきっと通ったんでしょうね。と感慨深げに柱を撫でる方も。

IMG_3935DSC00857

そして、ひとつひとつ顔の異なる鬼瓦を見上げ、建物の細部に凝らされた意匠にも注目して頂きました。

 

■屋外彫刻、植生など
屋外彫刻を見ながら、お隣りの上野動物園から聞こえる音に耳をそばだてながら、木々・植物を見ながら、香りを嗅ぎながら、道路越しに赤レンガ1号館を見ながら、各ガイドによるオリジナルな趣向を凝らしたアイデアで藝大構内に息づく魅力を紹介しつつ、参加者のみなさんとの会話を楽しみました。

IMG_1756

IMG_3882

DSC03561

 

 

■岡倉天心/六角堂
平櫛田中作の岡倉天心像を見ながら、早熟の天才「岡倉天心」は勿論のこと、縁起の良い108歳の長寿を全うした「平櫛田中」の逸話に耳を傾ける参加者のみなさん。子ども達に「六角形」で思いつくもの何?と聞くと、蜂の巣、ダイヤモンドといっぱい答えてくれました。

IMG_3963

■絵画棟大石膏室
ツアーのハイライト!撮影不可で写真が無いのが残念ですが、参加者からは「こんな素敵な場所があるんですね!」との声が。パチパチパチと拍手を頂き、ツアーお開きとなりました!

IMG_3975


執筆:小林雅人(アート・コミュニケータ東京)

 

第一回基礎講座:「とびらプロジェクトを知る・語る」

2016.04.16

4月初旬、各地で入学式や入社式がおこなわれるなか、とびらプロジェクトも新しいスタートを迎えます。4月16日(土)第一回基礎講座が行なわれ、今年度活動するとびラーが全員集合しました。新しく加入した第五期生も迎え、2016年度は125人のとびラーとともに幕開けです!
_MG_3208

最初に集合した部屋は東京藝術大学の講義室。
まずプロジェクトマネージャの伊藤さんから挨拶があり、とびらプロジェクト・MuseumStartあいうえのを運営するスタッフから一言ずつ自己紹介がありました。
_MG_3211

_MG_3219
続いて東京都美術館チームの紹介です。

_MG_3228
アート・コミュニケーション担当係長・稲庭さんは出張中のため、ビデオメッセージで登場です。
_MG_3232

今回のテーマは「とびらプロジェクトを知る・語る」。
今日のミッションは、第五期とびラーはこれまでのとびらプロジェクトの活動を知ること、三・四期のとびラーは自分の言葉で体験を伝えること。初めに伊藤さんからプロジェクトの概要説明があり、とびらプロジェクトのコンセプトムービーを全員で鑑賞しました。このプロジェクトの基盤にある考え方を丁寧に共有し、美術館やとびラーの役割を改めて考え直す機会でもあります。(参考:とびらプロジェクトの概要
_MG_3374
その後は5〜6人のグループに分かれ、これまで活動してきたとびラーがそれぞれの体験をもとに語りました。楽しかったこと、大変だったこと、気付いたこと。これまでにどんな人と話し、関わってきたかによって、一人ひとりの語り口は変わってきます。
_MG_3340

_MG_3343_MG_3365

その後は東京都美術館学芸員の河野さんにバトンタッチ。ここからは東京都美術館の歴史について学びます。
_MG_3412

そしていよいよ東京都美術館へと移動。美術館の全体像を把握するところから活動が始まります。

_MG_3437

_MG_3427

最初に集合したのは美術館の裏側。美術館で働く様々なスタッフや、これから展示室にいく作品たちにも出会いました。そしてぐるりと館のまわりを一周し、正門から建物が一望できる場所へ移動します。
ここからは美術館の中を、とびラーがそれぞれの視点で案内していきます。
_MG_3497

_MG_3503

美術館といえば「展覧会を見に行く場所」と思っている方も多いのでは?建物の魅力やさまざまな機能を、とびラーならではの観点で紹介しています。

_MG_3504

_MG_3528

_MG_3530

「何回も来ているけれど、こんな場所があるなんて知らなかった!」なんて声もたくさん。
これまで活動してきたとびラーでさえ、初めて見る作品もありました。

_MG_3534

_MG_3544

企画展示室は閉室日のため、ゆったりと館内をめぐります。

様々な角度から美術館を楽しみました。

_MG_3552

どこからみても美しい、こだわりの前川建築。おかれている家具にもたくさんの意匠が込められています。

_MG_3569

ツアーの終点はとびラーが活動拠点としているアートスタディルーム。

_MG_3586

とびらプロジェクトのこと、東京都美術館のことが色々見えてきた所で初回の講座は終了。これから活動していく準備を整える一日となりました。

その後は交流をかねたカフェタイム。楽しく会話が弾みます。
_MG_3704
わからないところ、気になったことはマネージャが直々にお応えする相談室!
_MG_3683

IMG_3735
夜に開催した懇親会にもたくさんの方に参加して頂きました。

今年はどんな活動が生まれていくのでしょうか。これからよろしくお願いします!
(とびらプロジェクトアシスタント 峰岸優香)

【とびらプロジェクト オープンレクチャーVol.5】「上野で語る。100人で語る。文化の杜の未来。」開催しました!

2016.03.27

3月27日(日)東京都美術館のMUSEUM TERRACEにて、とびらプロジェクト5回目のオープンレクチャー「上野で語る。100人で語る。文化の杜の未来。」が開催されました。IMG_6734

様々な文化施設が集まる上野公園。美術館や博物館、動物園や図書館、音楽ホール、大学など、日本の多様な知と財産が集まる場所です。今回は上野公園を「文化の杜」として育てていくために、多様な人々がフラットに語り合う、ワールド・カフェの形式で対話を育みます。交流を育みながら様々な視点やアイデアを共有することで、考えを深めていきました。集まったのは、上野にある9つのミュージアムで働く人々や、上野公園に関する仕事をしている人、とびラー、上野にゆかりのある人から初めて来た人まで、約100人。それぞれの言葉で、上野への想いと未来について語ります。

IMG_7635IMG_7349IMG_7582

スタートは17時。会場に着いたら、くじをひいて、ランダムに着席します。

司会の方によってスタートが告げられ、テーブルについたら「チェックイン」。

IMG_6609 IMG_6679

簡単な自己紹介と、いま感じていることや、今日の気分など、思い思いのことを話します。

IMG_6685IMG_6707IMG_6724

互いのことを聞き合い、対等に話し合える場をつくっていくことから始まりました。

IMG_6748 IMG_6973

まず始めに、東京都美術館アート・コミュニケーション担当係長・稲庭彩和子さんよりご挨拶。東京都美術館×東京藝術大学の活動として「とびらプロジェクト」「MuseumStartあいうえの」の紹介がありました。

続いて、コミュニティデザイナーの山﨑亮さんによる基調講演。

IMG_6779

テーマは「多様な人々が、異なった価値を持ち寄り、並べ、組み合わせることで生まれる未来」。

副題についていた「No community,No Life?」のフレーズに感銘を受けた人も多かったようです。

IMG_6849 IMG_6840IMG_6873

山﨑さんが各地で行ってきた活動の紹介を受け、コミュニティの在り方・作り方について考えを巡らせていきます。

講演のあいだ、参加者に渡されていたのは「ストーリーメモ」。自分が気になった部分や、大切に感じたところ、疑問に思ったところなどを書き留めておくためのツールです。

IMG_6819 IMG_6766

山﨑さんのお話の後、それぞれのメモを元に感想を語っていきます。    IMG_7085  IMG_7115 IMG_7129  IMG_7164

ここまでが前半の内容でした。

後半までの休憩時間では、軽食をとりながら過ごします。まだまだ議論が続くテーブルも多くありました。

くだけた雰囲気のなかで会話が進みます。

IMG_7272 IMG_7216

IMG_7286

後半では、いよいよ上野の未来に焦点を当てたテーマについて話し合います。

第1ラウンドは「あなたが上野について『誇り』や『愛着』だと感じていること」。

上野の魅力とは?誇れることは?1人1人のバックグラウンドを元に言葉を紡ぎます。

IMG_7304 IMG_7345

ワールド・カフェでのルールは、「考えと経験をオープンにすること」「語り手の話をよく聴くこと」「それぞれのアイデアを結びつけること」「議論を掘り下げること」。

お互いの話を大切に聞きながら、自分の言葉で語り、考えを深めていきます。

IMG_7371 IMG_7403

テーブルにセットされていた白い紙が、みなさんのアイデアでカラフルに彩られていく様子。

第2ラウンドのテーマは「上野をもっと『誇り』と『愛着』を持てる場所にしていくためには?」

テーブルを移動して、違う場所から集まってきた人で新たに話し合いを始めます。

IMG_7390 IMG_7521

それぞれのテーブルで話したことをシェアしながら、様々な議論が展開していきます。

IMG_7366

第3ラウンドのテーマは「上野がより『誇り』『愛着』を持てる未来になったとき、上野とはどんな場所になっているか」。

移動したテーブルからもとのテーブルに戻り、改めて未来の上野に思いを馳せます。

IMG_7386 IMG_7590

IMG_7568 IMG_7576

タイムアップのサイン「口を閉じて両手をあげる」が会場に行き届いたところで、語り合いの場は終了。

IMG_7611 IMG_7727IMG_7496

その後は今日のことを振返りながら、感想や疑問、気づき、今後の抱負をポストイットに書き出します。全参加者のコメントを集約したホワイトボードは圧巻!

IMG_7740IMG_7822IMG_7735

IMG_7842

参加した方の声からは、上野がそれぞれにとって思い入れのある場所であること、そして人々の交流・連携が今後の上野を作る要であるということが語られました。

IMG_7926 IMG_7941 IMG_7960

最後に、上野「文化の杜」新構想推進会理事・東京藝術大学教授である北郷悟さんから終わりの言葉をいただき閉会です。

IMG_7966

100人がそれぞれの観点から見た上野。語ることで共有できたビジョンや、新たに見えてきたこともあるでしょう。今回のワールド・カフェでの出会いや、生まれたアイデアは、今後どう活かさされていくのでしょうか。上野にいる人たちがつながり、ともに歩むことから未来は形づくられていきます。

2020年のオリンピック、そしてその先の未来に向けて、上野とはどんな場所になっていくのでしょうか?会場に来られなかった方も、上野の未来について考え、誰かとシェアしてみてください。

上野に来た人、いる人、これから来る人、全てのみなさんによって、上野は彩られています。未来の上野を考えていく新たな出発地点に、みなさんと一緒に立てていることを嬉しく思いました!このご縁を大切に、これからも上野を考え続けていける場が、ミュージアムであったらいいなと思っています。

(とびらプロジェクト アシスタント 峰岸優香)

2期とびラー、開扉!上野から次のとびらへ。

2016.03.26

春は出会いと別れの季節。とびらプロジェクトも、ひとつの節目を迎えました。
_MG_2665

3月26日(土)に行われたのは、2期とびラーの任期満了式「開扉会」。
3年間の活動期間を終えたとびラーたちが、上野からそれぞれのとびらへと進んでいく門出の日です。
開扉会の場をつくっていくのは、もちろんとびラー。
「3年目の節目を彩るプロジェクト」として、この日のために長い時間をかけて準備がすすめられてきました。

 

会のはじまりは、プロジェクトマネージャの伊藤さんと、東京都美術館の稲庭さんによって告げられました。ともに過ごした時間を振返りながら、美術館から社会的問題へアプローチしていくことについて考えていきます。とびラーの存在によってできたことや、生まれた活動、人とのつながり。とびらプロジェクトと連動するMuseumStartあいうえのの活動も、これまでの経験値を踏まえて変化していきました。

_MG_2578IMG_2575 _MG_2590

同じ時間を過ごし、様々な活動をともにしてきた仲間たち。これまでに作り上げてきたもの、迷い悩んだこと、来館者との出会い、成長していく子どもの様子、数えきれないほど重ねて来た話し合い。数々の記憶を思い返すと、自然に笑みがこぼれます。

3期、4期のとびラーも集い、限られた期間のなかでの活動や、任期終了後のことについて考えます。とびらプロジェクトのなかで築いた経験を、今後どう活かして行くかはそれぞれの課題です。ここでもらった種をどこに蒔くのか、どう育てるのか。これからの社会と美術館、それぞれの今後の活動をつくっていくきっかけを探る場を共有しました。

 

その後は、昨年任期満了した1期とびラーによる団体「アート・コミュニケータ東京」の紹介。

_MG_2602

アート・コミュニケータ東京は任期を満了したとびラーの活動と、各所のつながりを支える一つの基盤です。楽しいプレゼンテーションにはたくさんの笑いが起きていました。

 

その後は場所を変え、3年間の活動拠点となった、東京都美術館の景観がみえるところへ。

いよいよ任期満了を記した「開扉の証」が授与されます。

とびラーひとりひとりの名前が伊藤さんによって読みあげられ、とびらプロジェクトの代表教員である東京藝術大学の日比野克彦さんと、東京都美術館の林久美子副館長から任期満了の証を手渡されます。

_MG_2614 _MG_2632 _MG_2612 _MG_2647 _MG_2625 _MG_2638 _MG_2618

「開扉の印」に封入されているのは上野から次の場所に向かうための切符。2つ折りのカードの中には、東京都美術館・真室佳武館長、東京藝術大学・日比野克彦教授のお二人からのメッセージが書かれています。ひとつひとつが手作りです。

 

授与の後は、送り出すとびラーからの言葉。

DSCN5102

 

3年間の感謝の気持ちと、今後の期待、そして、これからも人と人のつながりは続いていくことが伝えられました。

_MG_2660

ここで、3・4期のとびラーから開扉するとびラーに向けてのプレゼント。2期生ひとりひとりにインタビューをして、それぞれの言葉を綴った冊子が贈られます。

DSCN5128

インタビューの実施から執筆、企画から編集まで、とびラーらしい工夫や気遣いにあふれた一冊です。3年間の活動の記録も掲載されています。

_MG_2674 _MG_2676

懐かしい記憶がよみがえったり、一緒に過ごしてきたとびラーの意外な一面が見えてきたり。

_MG_2678

 

続いて、開扉するとびラーからの言葉。

DSCN5134

リハーサル無し、ぶっつけ本番!全員で声をあわせます。

旅立ちの声が揃って響きわたりました。

_MG_2696

_MG_2687_MG_2700

最後の「ありがとうございました」は、素敵な笑顔で締めくくられました。

 

そして、退任するスタッフからの言葉。石井理絵さんと伊藤史子さん。

_MG_2716 _MG_2731

とびラーとともにMuseumStartあいうえのをひっぱってきた2名にも、「開扉の印」が贈られます。

_MG_2737 _MG_2740

 

会の終盤では、東京都美術館で働く方々や、とびらプロジェクトを支える人々から祝辞が贈られました。

まず、東京都美術館より林副館長。

「文化財を通して人と人とのつながりをつくる大切さを、よく痛感します。これからもそれぞれの場所でがんばってください」

_MG_2747

東京都美術館・山村学芸課長。

「絵を描く人だけでなく、絵を語る、楽しむ、広がりをつくる仲間が増えていったら、美術はもっと活気づいていくと思います。これからの活躍に期待しています。」

_MG_2755

とびらプロジェクトスーパーバイザー、アーツカウンシル東京・森司さん。

「ぜひ、美術館をとびこえて活動を続けてください。ここでの経験を大事にして、歩みを止めることなく、アートの輪を広げる活動をしていってください」

_MG_2759

東京藝術大学教授、とびらプロジェクト代表教員の日比野克彦さん。

「一つのことをやるにはどういうことが必要か、目の当たりにして学んできたかと思います。次からは自分で呼びかけて、自分なりのアート・コミュニケータ活動をしていってください」

_MG_2769

東京都美術館アート・コミュニケーション担当係長・稲庭彩和子さん。

「一緒に歩いて来られて本当に嬉しいです。今年の開扉会では、去年とは違うビジョンが見えてきましたね。ここで蒔き、育てた種を、外に持って行ったり、温め続けたりしながら、また人と話すことでさらに育てていってほしいと思います」

_MG_2774

最後に、東京藝術大学特任助教授・とびらプロジェクトマネージャの伊藤達矢さん。

「みなさんがここでつくったようなコミュニティを、ここから、他の場所へ広げていってください。お互いこれからも、がんばってやっていきましょう!」

_MG_2732

 

その後はいつも活動するアートスタディルームでカフェタイム。

こちらもとびラーによる企画が満載のひとときでした。

DSCN5162

P1110849

これまでのワークショップに向けて作ってきたものを総動員!展覧会の思い出が詰まった道具たちで、思い思いに彩ります。

 

P1110807

他にはとびラーが撮影したこれまでの記録映像を鑑賞したり、

P1110825

卒業アルバムのように寄せ書きしたり。P1110846

P1110837 P1110841

とびラー考案のボードゲームに興じるスペース。一般向けにも開催された「ボッティチェリの人生ゲーム」は、大盛況でした。P1110804

最後の時間まで、話が尽きることはありません。とびラーの任期は終了しても、形を変えて人と人とのつながりは続いていきます。

 

本年度、次のとびらをあけたとびラーは33名。

33人のアート・コミュニケータは、これから1人1人が道をつくっていきます。

新しい所へ向かう人、今までいた所に戻る人。上野からの行き先は人それぞれです。

 

ここでみなさんと一緒に過ごした時間と、培ってきた体験は、全てがかけがえのない出会いに彩られていました。これからも自分らしく、アート・コミュニケータのマインドを大切に、次のとびらへ進んでいってください!

_MG_2791_2

(とびらプロジェクト アシスタント 峰岸優香)

 

 

【これからゼミ】ボッティチェリ・鑑賞・香り~聞こえない方と聞こえる方のサイレントコミュニケーション~

2016.03.19

上野公園の桜の蕾がほころび始めた3月19日。「ボッティチェリ・鑑賞・香り~聞こえない方と聞こえる方のサイレントコミュニケーション~」のワークショップが開催されました。耳の聞こえない方と聞こえる方が、美術館において、手話通訳を介した交流だけではなく、お互いの感覚を活かしながら・・・鑑賞を共有する、新しいアプローチの提案、コミュニケーションの可能性を広げる様な“体感の場”を目指しました。

 

◆ようこそ!東京都美術館へ

雨模様の中、次々に本日参加される方々が到着です      

雨模様の中、次々に本日参加される方々が到着です

2

ごあいさつ プログラムのご紹介(とびラーによる手話通訳)

 

◆アイスブレイク

34

自己紹介の後に、アイスブレイク(初対面同士の緊張をときほぐすウォーミングアップ)!
ボッティチェリに関してのキーワードでジェスチャー当てゲーム(手を上げてヒラヒラする動作は聴覚障害者の方の「拍手」の意。いつの間にか、みなさん取り入れてらっしゃいますね)

 

◆展示室へ

5

グループごとに、実際に展示室に作品を観に行きます

 

◆作品鑑賞

6_MG_2238c

展示室に入り、耳の聞こえない人と聞こえる人が一緒に、一つの絵を観て感じた事などを自由にボードを使いながら言葉にしていきます。

 

◆香り選び

78

作品から受けたイメージを14種類の香り(お香)の中から、選びます。
【参加者の声】
○絵が立体アートになって良かったです。脳内環境が100%満たされる?!
○香りを使ったコミュニケーションは、初めてだったので緊張もあり、少し疲れました。いかに日頃無神経だったかを実感します。

 

◆サイレントコミュニケーション

9

10

見た絵について、どのあたりからどのような香りや印象を感じたかを記入していきます。この際、耳の聞こえる人は発話せず、
耳の聞こえない人は手話を使わずに実施しました。

11

【参加者の声】
○最初は難しかったけど、だんだん話が分かると、楽しくなりました。
○戸惑いと迷いと工夫、創造の間で揺れつつコミュニケーションを考えるから、伝えていこうとするプロセスが何故かとても楽しい

 

◆グループごとの発表

12

それぞれが個性的な発表の仕方でした

13

最後に全員で記念撮影

参加者:聞こえない方9名 聞こえる方7名 計16名

 

◆おわりに・・・
耳の聞こえない方と聞こえる方、一人一人の違いや共通するものをアートを介して探っていくという時間でした。今回、鑑賞を深めるコミュニケーションツールとして「香り(お香)」を取り上げました。この「香り」や「サイレントコミュニケーション(手話や音声日本語を使わない)」は、とびラー達が試行錯誤しながら、独自に辿り着いた手法です。
芸術作品(アート)とは、無限の可能性を秘めていると思います。
その場で出会った人々と「香り」を通して、新たな価値を創造していくというプロセス。
その場でしか生まれない科学反応を、今後もカタチを変えながらデザインしていければと思います。
ご参加頂いたみなさま、柔らかい香りで包まれた空間をありがとうございました。

14

 


執筆:松崎美紀子 アート・コミュニケータ(とびラー)

【とびフェス】藝大ガイドツアー

2016.01.30

1月30日(土)、卒展が行われている東京藝術大学のキャンパス内でとびらプロジェクト初となる藝大をめぐるツアーを開催しました。

◆受付
当日は、降雪によるキャンセルも覚悟したあいにくの空模様。10 時過ぎに何とか雨が止みましたが、 寒空の中、事前に予約を澄ませたお客様達は本当に来てくれるのか・・・と不安の中で受付を開始。 当日のキャンセルも有りましたが、午前の部、午後の部で計 26 名のお客様にご参加頂きました。

DSC00682 DSC00688
DSC00692 DSC00750

メンバーのオリジナル製作によるカードを持ってお出迎え〜受付。出発までの間は大切なアイスブ レイクタイム。参加者には「藝大ガイドツアー」シールを貼ってもらいました。

◆ツアースタート
小さなお子さんから大人までの幅広いお客様が集まった今回のツアー。和やかな雰囲気の中で、ま ずはガイドの自己紹介からスタート。藝大の生い立ちについて、江戸時代には寛永寺の境内だった 頃からのランドスケープの変遷を交えて判りやすく説明し、参加者も興味津々の様子。

DSC00699 DSC00705

◆門・アカンサス
植生している実際のアカンサスの前で、大正 11 年に施工されたレンガ造りの門扉の柵にデザインさ れたアカンサス紋様の前で、アカンサスをモチーフとした藝大の徽章をファイルで見せながら、「芸 術」「技巧」を花言葉に持つアカンサスのお話し中のガイドたち。

DSC00713 DSC00710

◆陳列館
我らが東京都美術館の前身の東京府美術館と同じ岡田信一郎の設計ときたら、ガイドに熱も入りま す。スクラッチタイルに触れ、象徴的なギリシャ・ローマ風の天窓を外から室内から見上げます。 二重橋から移設された飾電燈のナゼ?を話すと、参加者からへぇ〜との声が。

DSC00780 DSC00740
DSC03530 DSC03537

◆正木記念館
ここだけで30分はガイドできるであろう、ネタの宝庫。何と陶器製の正木直彦座像、見上げると数々 の顔の鬼瓦、旧本館の正面玄関を移築した門、そして室内に入ると和室の展示空間。高村光雲作に よる透し彫りの欄間をお子さんに見せるお父さん。少しピンぼけしているけど、この写真好きです。

DSC03541 DSC00768
DSC03542 DSC00734
DSC03545

◆屋外彫刻・植生・大浦食堂
岡倉天心座像が鎮座する六角堂に移動する道中、木々・植物を見ながら、屋外彫刻を見ながら、参 加者との会話を楽しみました。大浦食堂のバタ丼を紹介すると、20年くらい前に食べたことある! 懐かしい〜という声も!?

DSC03549 DSC00748
DSC0389 DSC00814

◆岡倉天心/六角堂
平櫛田中作の岡倉天心像を見ながら、早熟の天才「岡倉天心」は勿論のこと、縁起の良い108歳の 長寿を全うした「平櫛田中」の逸話に耳を傾ける参加者たち。子ども達に「六角形」で思いつくも の何?と聞くと、蜂の巣、ダイヤモンドといっぱい答えてくれました。

DSC03552 DSC00813

◆絵画棟大石膏室
ツアーのハイライト!撮影不可で写真が無いのが残念ですが、参加者からは「こんな素敵な場所が あるんですね!」との声が。パチパチパチと拍手を頂き、ツアーお開きとなりました♪


 

執筆:小林雅人(アート・コミュニケータ「とびラー」)

【とびフェス】藝大卒展さんぽ 2016

2016.01.30

藝大生の卒業・修了作品を展示する“卒展”が今年も1月末に開催されました。週末(1/30,31)にはとびフェスの一環として、卒展さんぽという企画を実施しました。来館者ととびラーが、5~8人程度のグループで卒展会場である東京都美術館と藝大キャンパス内を”おさんぽ”しつつ、卒業・修了作品を鑑賞します。
sampo1
東京都美術館でのさんぽの様子です。参加者もとびラーも作者も(!)みんなでおしゃべりしながら作品を鑑賞します。

この記事では、私が担当した藝大のキャンパスでのさんぽについてご紹介します。

一日目、1月30日のさんぽは当日参加制でした。私のグループには保育園の年長さん三人と、そのお父さんお母さんが4人、計7人が参加してくれました。藝大のキャンパスに足を踏み入れるのはみんな初めて。「朝から夜まで、ずっとお絵かきか工作をしているお兄さんお姉さんの学校なんだよ!」と年長さんたちに紹介すると、「どんなところなのかな?」と期待が高まります。

最初に向かったのは、工芸科が展示をしている正木記念館です。普段は入ることのできない建物ですが、卒展期間中は公開しています。
sampo2
ここでは、彫金を専攻している修士二年の水谷奈央さんの作品を鑑賞しました。

「頭につけて髪飾りにしてみたいな」「私はお部屋に飾りたい」「リビングのテーブルに置いたらいいと思う」と口々に話し合う年長さんたち。「何のために作ったものなのか、どのような素材・製造方法で制作しているのか気になります」と大人たち。おしゃべりしながら正木記念館を出ると、そこで待っていたのは、作者の水谷さんでした!
sampo3
実は、この卒展さんぽでは、あらかじめ打ち合わせておいた藝大生が作品の近くで待ってくれていて、一緒におしゃべりをしながら作品を鑑賞できるのです。
水谷さんの作品は、シルバーで作ったティアラとブローチ。トチの木の「芽吹き」の力強さに着想を得て制作したのだといいます。思い通りの形にするために、道具から自分で手作りしているそうで、制作に対するこだわりが感じられます。今後は、ジュエリーにかかわる仕事をしていくとのことです。とびラーによる制作中のインタビューをこちらで読むことができます。
sampo4
自分のほしいものを、自分で作り出してしまう水谷さんの話に興味津々の子供たち。ものづくりをする人の真剣さ、面白さに触れることができました。

次に向かったのは、先端芸術科の展示です。パッと見ただけでは分からない、一筋縄ではいかないような作品ばかりで、みんな言葉を選んで話し合います。
sampo5
何のために作ったのだろう?どうやって作ったのだろう?この作品は私たちとどういう関係があるだろうか?
藝大生の頭の中で何が起きているのか、想像しながらおしゃべりします。
ここでお話を伺ったのは、先端芸術科修士2年の杉本憲相さんです。
sampo6
暗室の中、青い光の中に浮き上がる黒い人影、黒い丸に白い丸、楕円形。
“青い光やうつむいた人影から、ネガティブな印象をうける” “楕円形や、白い月・黒い太陽は周期的なものを表しているのだろうか”
見る人それぞれが作品の物語やメッセージを見出そうと話し合いました。それに応えるように、作者の杉本さんも一つの答えとして自分の考えを話してくれました。

最後に向かったのは、デザイン科の展示。普段の生活の中では見られない、新しい発想の“デザイン”に、ただ目をみはるばかり。初めに入った部屋で気になったのは、たくさんの紙が湧き上がるように敷き詰められた作品です。
sampo7
“ゴミがいっぱい……”“全部、人の写真だ!”“これからどんどん、増えていくのかな?”“なんか、広告みたい” 気づいたこと、考えたことがどんどん口から出てきます。

sampo8
“水たまりみたいで、きれいだね”“透明な作品の部分もきれいだけど、影のところもきれい”“作者に、感想を書いていきたいな”
sampo9
ということで、常備したあった感想ノートに、書いていきました!

デザイン科でお話ししてくれたのは、学部4年生で、とびラーでもある佐藤絵里子さんでした。
sampo10
佐藤さんは、宇宙に興味を持ち、ダークマター(宇宙の大部分を構成する暗黒物質)について勉強をしたそうです。そして、天文好きが高じて、プラネタリウムを制作してしまったのだそうです。中でみられるのは、星空の再現ではなく、透明な業務用ネットを使って作った佐藤さんオリジナルの星空。子供たちはその“小宇宙”をすっかり気に入って何度も出たり入ったり。大人たちは、佐藤さんの語る宇宙の不思議に耳を傾けていました。
今日のさんぽはここまで!話をしてくれた作者一人一人に感想を書いてから解散しました。
sampo11
***
さんぽ二日目の31日は、事前申込制。親子で参加する企画でした。私の班は、お父さん・お母さんと小学生の女の子、三人家族が参加してくれました。

集合場所の東京都美術館から、藝大へ歩いて向かいます。普段は閉鎖している北口が、卒展期間中は開放してあるので近道できるのです。
sampo12

最初に来たのは、藝大美術館。地下一階では、先端芸術科の展示を見ました。
sampo13
粘土で作った道具たちが並べて展示されています。
“なんのために使うどうぐなのかな”“とても丁寧に作られているものと、雑に作られているものがあるね”“この並び順には意味があるのかな”
道具や並び順に法則性があるのか。どんな法則性なんだろうか。思いつくままに話し合います。

ここで、作者の登場です! 先端芸術科修士2年の渡辺拓也さんが話してくれました。(下の写真の右端の方です)sampo14
この作品は、渡辺さんが制作期間中に使った道具を粘土で作って、小さいものから大きいものへ、形の似ているものを近くに置きながら、並べていったものなのだそうです。丁寧に作りこんであるものほど渡辺さんが頻繁に使っていたもので、でこぼことしていて形の分かりにくいものほど、あまり使わなかったものなのだそうです。

“同じはさみでも、丁寧に作ってあるのとそうでもないものの二つあるのはどうしてなんですか?”と参加者から質問が。
これは、制作に使ったはさみは頻繁に使っていたけれど、家のキッチン用のはさみはあまり使わなかったからなのだそうです。
同じ作品の中でも、見る人によって注目しているポイントが異なっていて、話し合う中でどんどん気づきが生まれていきました。

次は、彫刻科の展示している彫刻棟に向かいます。向かう途中、藝大のキャンパス内の植物にも注目します。
sampo15
“あの木の幹が、彫刻に見える……作品じゃないよね?”“作品をたくさん見ていると、木や落ち葉も作品に見えてくるよね”

作品をよくみて話し合う、ということを重ねていると、普段は気に留めないような気づきもつい口に出してしまいます。藝大の自然もしっかり鑑賞したところで、彫刻棟に到着しました。
sampo16
出迎えてくれたのは、白い石の像。“どんなに近づいて見ても、顔がよく見えないね”“おじいさんみたいに見えるけど……”“石を削って作っているんだろうね、どんなふうに削るのかな”
そんなことを話しながら、彫刻棟の奥のほうまで進みます。
sampo17
鑑賞したのは、フィギュアと、古代・近代・現代のヒーローを主人公にした映画でした。

sampo18
どういうストーリーなんだろうか、それぞれのヒーローはどんな性格なんだろうか、考えをめぐらせます。特に注目したのは、顔のない人々が散らばって立っているわきに、飛行機がある作品。この顔なし人間たちは、いったい誰なのか、何をしているのかについて話し合いました。
ここでお話ししてくれたのは、彫刻科修士2年の横川寛人さんです。
sampo19
横川さんは、もともと映像を作る人で、今回の作品は過去にとったヒーローの映画の主人公をフィギュアにしたのだそうです。
なるほど、だから映像とフィギュアだったのか、と納得する参加者ととびラー。フィギュアは、実際の役者さんの顔をかたどりして制作したのだそうです。

ここで今日のさんぽはおしまい。作者への感想を書いて解散しました。
***

藝大卒展さんぽでは、他にもたくさんの藝大生に協力していただきました。ありがとうございました!
sampo24sampo20sampo21sampo22sampo27sampo25sampo26


執筆:プジョー恵美里(アート・コミュニケータ「とびラー」)

 

 

カレンダー

2016年6月
« 5月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カテゴリー