東京都美術館× 東京藝術大学 「とびらプロジェクト」

お知らせ・募集

【参加者募集!】「なりきりアーティスト 藝大卒展編」(2/1開催)

2020.01.07

東京藝術大学卒業・修了作品展の会場で、参加者自身がアーティストになりきって作品を語るワークショップです。自由に想像して、藝大生の作品をあなたが作った作品だと思ってギャラリートークしてください。藝大生とアート・コミュニケータ(とびラー)がサポートします。

 

昨年のプログラムの様子はコチラ

第68回 東京藝術大学 卒業・修了作品展 特設ウェブサイト

 

日時|2020年2月1日(土)10:30 – 11:40(10:20受付開始)
会場|「第68回 東京藝術大学 卒業・修了作品展」会場
集合|東京藝術大学美術館入口前
対象|どなたでも
定員|12名(先着順・定員に達し次第受付終了)
参加費|無料
参加方法|事前申込制。以下の専用フォームよりお申し込みください。


※広報や記録用に撮影・録音を行います。ご了承ください。
※定員に達し次第、申し込み受付を終了します。

【当日参加OK!】「藝大卒展さんぽ」(1/29,2/1開催)

2020.01.07

アート・コミュニケータ(とびラー)が、東京藝術大学卒業・修了作品展をご案内します!
学生生活の集大成である卒業・修了作品があふれる藝大キャンパスや東京都美術館を、おさんぽ気分で巡ってみませんか?
みんなで作品をみて感想を共有してみたり、藝大生とお話して作品のコンセプトや思いに触れてみたり、新しい発見や出会いを一緒に探しに行きましょう!
藝大生やとびラーと交流を楽しみたい方、ご参加をお待ちしています。

 

昨年度の「藝大卒展さんぽ」の様子はコチラをご覧ください。

第68回 東京藝術大学 卒業・修了作品展 特設ウェブサイト

 

日時|
①2020年1月29日(水)14:00 – 15:00
②2020年2月1日(土)14:00 – 15:00

会場|東京都美術館・東京藝術大学「第68回 東京藝術大学 卒業・修了作品展」会場
参加費|無料
対象|どなたでも
定員|各日定員20名程度(先着順・定員に達し次第受付終了)

参加方法|当日のプログラム開始10分前より、下記集合場所にて受付を行います。
集合場所|東京都美術館 LB階(ロビー階) ミュージアムショップ前


※広報や記録用に撮影・録音を行います。ご了承ください。
※受付は先着順にて対応し、定員に達し次第締め切ります。
※作品の解説は行いません。

 

【当日参加OK】とびらボードでGO!「ハマスホイとデンマーク絵画」編(1/26開催)

2020.01.07

開催日時|2020年1月26日(日)10:00 – 15:00(*印刷受付終了15:00)
ポストカード印刷受付場所|「ハマスホイとデンマーク絵画」展
              展示室2階 休憩スペース
とびらボード貸出場所|「ハマスホイとデンマーク絵画」展示室LB階(ロビー階)エレベーター前
対象|中学生までの方
参加費|無料(中学生以下の特別展観覧料は無料です)
参加方法|事前申込不要・とびらボードの貸出場所に当日直接お越しください。

 

【当日受付!】伊庭靖子展でワークショップ 感じよう!「見ること」のおもしろさ(8/25開催)

2019.08.22

 

東京都美術館で開催中の「伊庭靖子展 まなざしのあわい」を、より深く鑑賞するためのワークショップをとびラーが企画しました。

伊庭さんの油画作品は、空間に配置したモチーフを写真に撮り、それを描くという手法で制作されています。その作品は、モチーフと眼の間(あわい)にある、光や空気といった「見えない」ものをも描き出し、見ることの意味を問いかけてくるようです。このワークショップでは、伊庭さんの作品を鑑賞したあと、作家の制作手順の一部を体験します。モチーフをセッティングし、写真を撮り、印刷した画像を、色鉛筆で描いてみます。描いた絵は、缶バッジにしてお持ち帰りいただきます。

あなたも、眼と「もの」の間(あわい)にあるものを感じながら、伊庭さんにならって、見ることのおもしろさを体験してみませんか。

●日時|2019年8月25日(日)全6回
11:00〜、11:30〜、12:00〜、12:30〜、13:00〜、13:30〜
(所要時間:60分程度)

●会場|東京都美術館 ギャラリーA・B・C「伊庭靖子展」会場、ホワイエ
●受付場所|東京都美術館 「伊庭靖子展」会場入口付近
参加費|無料(ただし、大学生以上は当日の「伊庭靖子展」展覧会観覧券が必要です)
●定員|各回10名程度(当日受付・先着順)
●参加方法|当日受付(受付は、各回30分前まで)

※広報や記録用に撮影・録音を行います。ご了承ください。

【当日受付!】とびラーTURNさんぽ(8/18開催)

2019.08.17

東京都美術館で開催される「TURNフェス5」をアート・コミュニケータ(とびラー)と一緒に楽しみませんか。お散歩する気分で展示室をめぐり、アーティストの話を聞いたり、おしゃべりをしたり。いろんな出会いを一緒に楽しみましょう!

日時|2019年8月18日(日)16:15 – 17:00
(*45分程度。開始10分前より受付開始)
会場|東京都美術館 ロビー階 第1・第2公募展示室    「TURNフェス5」会場
集合|東京都美術館 ロビー階 第1公募展示室入口
参加費|無料
定員|15名(当日受付・先着順)
参加方法|当日集合場所にて開始10分前より受付を行います。直接お越し下さい。※広報や記録用に撮影・録音を行います。ご了承ください。

 

【当日参加OK!】「女子美さんぽ」(3/3開催)

2019.02.19

アート・コミュニケータ(とびラー)が「JOSHIBISION 2018 ーアタシの明日ー 女子美術大学 大学院・大学・短期大学部 学生選抜作品展」をご案内します。
さんぽのような気軽な気持ちで展示室をめぐり、みんなで作品を鑑賞しませんか? 作家やとびラーとの交流を楽しみたい方、ご参加をお待ちしています!

日時|2019年3月3日(日)14:00〜15:00(受付開始 13:50)
会場|東京都美術館 公募棟 LB階 第1・2展示室
   JOSHIBISION 2018 ーアタシの明日ー 女子美術大学 大学院・大学・短期大学部 学生選抜作品展
参加費|無料
対象|どなたでも
定員|15名程度(当日受付・定員に達し次第受付終了)
参加方法|当日13:50より、下記受付場所にて先着順で参加者の受付を行います。
受付場所|東京都美術館 LB階(ロビー階)ミュージアムショップ前


※作品の解説は行いません。
※広報、記録用に撮影を行います。ご了承ください。

出版記念イベント開催!(11/7開催)

2018.10.25

 

11月7日(水)、代官山 蔦屋書店にて出版記念イベントが開催されます!

 

「美術館と大学と市民がつくる ソーシャルデザインプロジェクト」出版記念イベント
鼎談 日比野克彦・伊藤達矢・稲庭彩和子が語る新しいアートコミュニティの形

 

東京都美術館と東京藝術大学が連携して取り組む「とびらプロジェクト」。多様な大人たちが美術館に集まり、新しいソーシャルな活動が日々作られています。その7年間の実践を通して、今の社会に求められるアートや文化を介した、新しいコミュニュティ回路について語ります。

 

会期 |2018年11月7日(水)
定員 |70名
時間 |19:00 – 21:00
場所 |蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース
主催 |代官山 蔦屋書店
共催・協力|青幻舎


プロフィール

日比野 克彦(東京藝術大学教授、とびらプロジェクト代表教員)
1958年岐阜市生まれ。アーティスト。1984年東京藝術大学大学院修了。1995年第46回ヴェネチア・ビエンナーレ日本館作家。平成27年度芸術選奨文部科学大臣賞(芸術振興部門)。2014年より異なる背景を持った人たちの交流をはかるアートプログラム「TURN」を監修。
現在、東京藝術大学美術学部長、先端芸術表現科教授。

 

伊藤 達矢 (東京藝術大学美術学部特任准教授、 とびらプロジェクト/Museum Startあいうえの・マネージャ)
1975年福島県西会津町生まれ。東京藝術大学大学院博士課程美術教育修了。博士号取得。アートプロジェクトのディレクションなど、多様な文化プログラムの企画立案に携わる。共著に『TOKYO1/4が提案する東京文化資源区の歩き方』(勉誠出版)、『ミュージアムが社会を変える〜文化による新しいコミュニティ創り』(現代企画室)等。

 

稲庭 彩和子 (東京都美術館 学芸員、 アート・コミュニケーション係長)
1972年横浜生まれ。青山学院大学にて修士、ロンドン大学UCLにて修士修了。専門は芸術学、文化資源学。神奈川県立近代美術館勤務を経て、2011年より東京都美術館のアート・コミュニケーション事業を統括。共著『100人で語る美術館の未来』(慶応義塾大学出版)、監修『ペネロペと名画をみよう』(岩崎書店)等。

【当日参加OK!】「おく?」 あなたも置く?藝大生のパフォーマンスに参加しませんか?

2018.09.05

『向かい合うふたりは、
交互に「もの」を「おく」。
その場所に在った「もの」を手に取り、
再び位置を決める。
それは「作品」と言えるだろうか?
日常の仕草と創作行為の境界が曖昧になるとき
作品は日常へと溶け出してゆく。 (「おく」conceptより)』


パフォーマンス・アート「おく」が、今年も置きます!魅せます!
東京藝術大学の「藝祭」で、パフォーマンス作品を鑑賞・体験しましょう。
参加者のみなさんには実際に「おく」のパフォーマンスに参加していただき、後半は作者やパフォーマーと話をして交流を深める約60分のワークショップです。
「アート・コミュニケータ」が、「おく」とあなたを繋ぎます。パフォーマンスを鑑賞・体験し、彼らとのコミュニケーションを楽しみましょう。

 

日時|2018年9月7日(金)〜9(日)
<9月7日(金)>
①14:10 – 15:10(13:55受付開始)
②15:35 – 16:35(15:20受付開始)
<9月8日(土)>
①11:20 – 12:20(11:05受付開始)
②14:10 – 15:10(13:55受付開始)
③15:35 – 16:35(15:20受付開始)
<9月9日(日)>
①10:00 – 11:00(09:45受付開始)
②12:45 – 13:45(12:30受付開始)
③15:35 – 16:35(15:20受付開始)

会場|東京藝術大学 美術学部 中央棟2F 第4講義室
受付場所|東京藝術大学 美術学部 中央棟1F 入口入ってすぐの階段下
対象|中学生以上
定員|各回4名(当日受付・先着順)
参加費|無料 
申込方法|ワークショップ開催回の開始15分前までに集合場所へお越しのうえ、「おく?」の看板を持ったアート・コミュニケータにお声がけください。


*定員に達し次第申し込み受付を終了いたします。
*広報や記録用に撮影を行います。ご了承ください。

 

東京藝術大学「藝祭2018」ホームページ: http://geisai.geidai.ac.jp/2018/

【当日受付!】TURNさんぽ(8/18,19開催)

2018.08.11

東京都美術館で開催される「TURNフェス4」をアート・コミュニケータ(とびラー)と一緒に楽しみませんか。お散歩する気分で展示室をめぐり、アーティストの話を聞いたり、おしゃべりをしたり。いろんな出会いを一緒に楽しみましょう!

日時|2018年8月18日(土)15:00 – 15:40
       8月19日(日)11:15 – 11:55
(*各回40分程度。開始10分前より受付開始)
会場|東京都美術館 ロビー階 第1・第2公募展示室    「TURNフェス4」会場
集合|東京都美術館 ロビー階 第1公募展示室入口    「TURNフェス4」受付前
参加費|無料
定員|15名(当日受付・先着順)
参加方法|当日集合場所にて開始10分前より受付を行います。直接お越し下さい。

 

※広報や記録用に撮影・録音を行います。ご了承ください。

 

【受付終了】マインドマップで味わうアート(6/17開催)

2018.06.05

マインドマップを使って展覧会を楽しんでみませんか?
情報や考えたことを言葉にし、目に見えるように整理していくマインドマップの手法を活用し、作品の鑑賞を深めていきます。

「美術館の展覧会ってどう楽しんだらいいの?」
「展覧会に行っても『面白かった』以上の感想が言えない」
「時間が経つとどんな展覧会だったかいつも忘れてしまう」
と感じているビジネスパーソンのみなさんにお届けしたい鑑賞プログラムです。

マインドマップの手法を活用しながら鑑賞を楽しみ、さらにわかって、発見して、誰かと語り合いたくなる。
そんな展覧会での新しい体験をしてみませんか。
「マインドマップってなに?」という方でも、ステップバイステップで丁寧に進行していきますのでお気軽にご参加ください!

 

日時|2018年6月17日(日) 13:00-15:30(12:50 受付開始)
会場|東京都美術館「プーシキン美術館展 -旅するフランス風景画」 及び 交流棟2階アートスタディルーム
集合場所|東京都美術館 交流棟2階 アートスタディルーム
対象|18歳以上の方
定員|6名 (事前申込制・先着順)
参加費|無料 *ただし、「プーシキン美術館展 -旅するフランス風景画」観覧料が必要です。
申込方法|専用フォームより、事前にお申し込みください。


*定員に達し次第申し込み受付を終了いたします。
*混雑状況により、当日お待ちいただく場合がございます。
*広報や記録用に撮影を行います。ご了承ください。
*「プーシキン美術館展 -旅するフランス風景画」のチケットを購入したのちに集合場所へお越しいただきますようお願い致します。
*本プログラムでは展示室内での滞在時間が限られています。ご留意ください。