東京都美術館× 東京藝術大学 「とびらプロジェクト」

開扉したとびラーの声

とびラーが3年の任期を終えることを、「新しい扉を開く」意味を込めて、「開扉(カイピ)」と呼んでいます。
開扉したとびラーたちに、3年間のとびらプロジェクトでの活動によって得られた価値や本プロジェクトの魅力、今後の展望等を語ってもらいました。

安藤 淳さん

とびラーがいることで、
つながりを作ることに
ちょっとだけ貢献できる

安藤 淳さん

井上 夏実さん

これが“対話”なんだと
実感できるようになった3年間

井上 夏実さん

岡森 祐太さん

目の前の人の言葉を真摯にききたい
その姿勢がここではとても大切

岡森 祐太さん

小田 節子さん

自分を再発見する人が
どんどん生まれてわくわくしますね

小田 節子さん

木村 仁美さん

仕事ばかりの日々ではない
どこかに行きたいと思って
開いたとびら

木村 仁美さん

小林 ​申孝さん

価値観が広がり「幸せだなぁ」
が深まる3年間

小林 ​申孝さん

小林 正彦さん

「とびラボ」を通した試行錯誤は、
この3年間でしか経験できないこと

小林 正彦さん

古林 美香さん

様々な個性が混ざることで
新しい価値が生まれる瞬間

古林 美香さん

白石 慶子さん

とびらを開けたら、
出口は入口だった

白石 慶子さん

伏 怡琳さん

毎回、少しだけ
新しい自分に出会えた

伏 怡琳さん

松原 誠一さん

とびラー活動・足跡そのものが
アートなのかもしれません

松原 誠一さん

松本 みよ子さん

挑戦の気持ち、
人と繋がろうとする力、
アートへの好奇心を大切に
生きていきたい

松本 みよ子さん

三宅 慶さん

「対話型鑑賞」の魅力

三宅 慶さん

宮﨑 保和さん

「なに?なぜ?なんで!」

宮﨑 保和さん