東京都美術館× 東京藝術大学 「とびらプロジェクト」

ブログ

【あいうえの連携】うえのウェルカムコース:吉見町立吉見中学校 美術部(2018.8.29)

2018.08.29

2018年8月29日(水)、学校向けプログラム「うえのウェルカムコース」も本年度4回目を迎え、 埼玉県吉見町立吉見中学校の美術部の生徒たちを迎えました。

1~3年生の計24名は、夏休みの部活動の一貫として来館。東京都美術館で開催されている「BENTO おべんとう展―食べる・集う・つながるデザイン」を東京都美術館で活動する「とびラー(アート・コミュニケータ)」のみなさんと一緒に鑑賞しました。

東京都美術館のアートスタディルームに着くと、あいうえのスタッフととびラーが出迎えました。「とびラー(アート・コミュニケータ)」とは東京都美術館で活動し、多様な人々を結びつけるコミュニティのデザインに取り組む人々です。ミュージアムの楽しみ方をたくさん知っている大人の人たちです。今回は、「BENTO おべんとう展」の鑑賞体験やワークを生徒のみなさんと一緒に楽しみ、サポートしていきます!

プログラムの様子はこちら→
(「Museum Start あいうえの」ブログに移動します。)

【あいうえの連携】夏のあいうえのスペシャル(2018.8.20)

2018.08.20

すごく暑かった今年の夏休み。みなさんはどんなふうに過ごしましたか? 8月20日(月)、今年度最初の「あいうえのスペシャル」が開催されました。

「あいうえのスペシャル」とは、これまでの「あいうえの」プログラムに参加し、ミュージアム・デビューを果たしたこどもたちとその家族が、ふたたび上野の冒険を楽しむ一日です。

いつもならたくさんの人で賑わう上野公園ですが、月曜日はほとんどのミュージアムが休館のため、いつもよりちょっと静かに感じられます。当日開館していたのは上野の森美術館・東京都美術館・国立科学博物館・東京文化会館の4つの施設でした。

夏休み真っ最中のこの日、参加したこどもたちとそのファミリーが、ミュージアムをたっぷり楽しんだ様子をレポートします。

プログラムの様子はこちら→
(「Museum Start あいうえの」ブログに移動します。)

【あいうえの連携】うえの!ふしぎ発見:けんちく部 伝説の建築家編(2018.8.18)

2018.08.18

「楽しかった!」
「親はオマケ程度かと思っていたのですが、私もとても楽しかったです」
「これほどじっくり取り組めるとは思っておらず、嬉しい驚きでした」

こんな感想を寄せてくれたのは、「うえの!ふしぎ発見:けんちく部」に参加した親子。
「うえの!ふしぎ発見」は9つの文化施設があつまる上野公園を舞台に、ミュージアムとミュージアムのコラボレーションを通じて、たくさんのふしぎやホンモノとの出会いを探求するプログラムです。
今回のテーマは「けんちく」。「伝説の建築家編」というタイトルどおり、師匠のル・コルビュジエと弟子の前川國男、2人の建築家が建てた建物をめぐるこどもと大人の建築ツアーです。

プログラムの様子はこちら→
(「Museum Start あいうえの」ブログに移動します。)

【あいうえの連携】ミュージアム・トリップ:NPO法人キッズドア[中学生](2018.8.2)

2018.08.02

「ふだん行けないところに行けて、とても楽しかった。」
シンプルな、でも実感のこもった感想を伝えてくれたのは、2018年8月2日に行われたミュージアム・トリップの参加者のひとり。
そう、世界はひろく、たくさんのおもしろいものや人がいるのに、わたしたちはふだん、決まったところで生活をし、なかなかその外へ出ることができません。ひとりで出掛けるのが難しい、新しいことに挑戦する機会が少ないこどもたちなら、なおのこと。
だからこそ、出会いの宝庫であるミュージアムにこどもたちを招待し、世界がひろがるきっかけをプレゼントしたい。こんな思いから、さまざまな環境にあるこどもたちにミュージアム・デビューの機会を提供するインクルーシブ・プログラム、ミュージアム・トリップははじまりました。
これまで、児童養護施設や、経済的に困難な家庭のこどもを支援している団体、海外にルーツを持ちカルチャー・ギャップなどの困難を抱えるこどもを支援している団体など、各分野の機関と連携して実施しています。

昨年度、一昨年度に続き「NPO法人キッズドア」(以下、キッズドア)という、こどもたちに無料で学習支援を行なう団体と連携して実施しました。

プログラムの様子はこちら→
(「Museum Start あいうえの」ブログに移動します。)

【あいうえの連携】あいうえの日和(2018.7.24,25)

2018.07.26

夏休みの上野公園、今年度最初のプログラム「あいうえの日和」が開催されました。
「あいうえの日和」は、45分間でミュージアム冒険のコツをマスターする、ファミリー向けプログラム。7月24日・25日の2日間で125組250名のこどもと保護者が参加しました。

プログラムの様子はこちら→
(「Museum Start あいうえの」ブログに移動します。)

 

【あいうえの連携】ティーチャーズ・カフェ〈先生のための特別研修会〉(2018.3.28)

2018.03.28

2018年3月28日(水)の夜、先生向けのプログラム「ティーチャーズ・カフェ(先生のための特別研修会)」が開催されました。
このプログラムの対象となるのは「美術館での授業が未経験の幼保小中高等学校の教員」のみなさん。先生の、ミュージアムでの授業づくりのデビューを応援するプログラムとして開催しました。

プログラムの様子はこちら→
(「Museum Start あいうえの」ブログに移動します。)

【あいうえの連携】ミュージアム・トリップ:NPO法人東京養育家庭の会(2018.3.25)

2018.03.25

春休みに入った最初の日曜日の2018年3月25日、4組8名のファミリーのみなさんが東京都美術館に来館しました。
迎えたのは7名のアート・コミュニケータ(愛称:とびラー)のみなさん。
この日に行われたプログラムは「ミュージアム・トリップ」。さまざまな状況にあるこどもたちをミュージアムへ招待するインクルーシヴ・プログラムです。経済的に困難な家庭のこどもたちを支援する団体や、海外にルーツのあるこどもたちを支援する団体などの各専門機関と連携して実施しています。
今回は養育家庭(養育里親)を支援するNPO法人 東京養育家庭の会の中の一つの支部より申込みがあり、プログラムが実現しました。

プログラムの様子はこちら→
(「Museum Start あいうえの」ブログに移動します。)

【あいうえの連携】うえの!ふしぎ発見:コレクター部(2018.3.22)

2018.03.22

「うえの!ふしぎ発見」は、上野公園に集まる複数のミュージアムによるコラボレーションプログラム。年間を通して6種類のコラボレーションプログラムが行われます。
今回の「うえの!ふしぎ発見:コレクター部」は、上野の森美術館、東京都美術館、東京藝術大学によるコラボレーションプログラムでした。2つの美術館の学芸員と大学の研究員が協力してプログラムを企画し、当日は、アート・コミュニケータ(とびラー)も共に活動しました。

プログラムの様子はこちら→
(「Museum Start あいうえの」ブログに移動します。)

【あいうえの連携】45分でミュージアム冒険のコツを伝授!あいうえの日和(2018.3.17-18)

2018.03.18

今年度最後の「あいうえの日和」が3月17日(土)、18日(日)の週末に全4回、開催されました。「あいうえの日和」は、45分間でミュージアム冒険のコツをマスターするファミリー向けプログラム。25組×4回で、100組200名のこどもと保護者が参加しました。きょうは、こどもだけでなく、保護者も一緒にミュージアム・デビューをする日です。

プログラムの様子はこちら→
(「Museum Start あいうえの」ブログに移動します。)

【あいうえの連携】平日開館コース:埼玉県立伊奈学園中学校1年生(2018.3.6)

2018.03.08

2018年3月6日、埼玉県立伊奈学園中学校の中学1年生が80名、東京都美術館のアートスタディルームに到着しました。

今回は、校外学習として来館。午前中にあいうえのの「平日開館コース」でアート・コミュニケータ(とびラー)と共に作品鑑賞を楽しみ、あいうえののオリジナル教材「ミュージアム・スタート・パック」をプレゼントして、上野公園の9つのミュージアムの魅力や楽しみ方を学習します。
そして、午後は、班別行動で希望する上野公園内のミュージアムに出かけ、展示を楽しむという流れです。午後の班別ミュージアム冒険では、午前中に手に入れたばかりのオリジナル教材「ミュージアム・スタート・パック」を活用し、行き先のミュージアムでオリジナル缶バッジを集めたり、発見や気づきを冒険ノートにまとめたりと、あいうえのの要素が早速活きる仕組みになっています。

プログラムの様子はこちら→
(「Museum Start あいうえの」ブログに移動します。)

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

カテゴリー