東京都美術館× 東京藝術大学 「とびらプロジェクト」

ブログ

【開催報告】イロイロとび缶バッジ「ブリューゲルの版画を体験しよう!~なぞって彩る不思議な世界~」

2017.06.11

ワークショップ「イロイロとび缶バッジ『ブリューゲルの版画を体験しよう!~なぞって彩る不思議な世界~』」を実施しました。
——————————————————————————————

 

ブリューゲルが版画で描いた不思議な世界。彼の筆跡をなぞってたどっていろどって…。あなただけの世界をバッジにして持ち帰りましょう!

日時 2017年6月11日(日)11:00~15:30
会場 東京都美術館 交流棟2Fアートスタディルーム

——————————————————————————————

「バベルの塔展」の展示室と離れた場所で実施しているため、まずは展示室を見終えたみなさんに、とびラーがワークショップの実施をご案内します。

そして、とびラーと一緒にアートスタディルームへ向かいます。
道すがら、先ほど見てきた展示作品へのホットなご感想をたくさん伺うことができました。
「都美にはよく来るけど、アートスタディルームに入るのは初めて!」と楽しみにしてくださる方も。

アートスタディルームに着いたら、まずは缶バッジにする作品を選びます。


ここでブリューゲルの版画8点を改めて見ていただき、「切り取って缶バッジにして持ち帰りたい!」と思うモチーフを選びます。
缶バッジサイズの円形の台紙をあててみながら、どの作品にしようか楽しそうに悩む方がたくさんいらっしゃいました。
「こんなおもしろいキャラクターがいたなんて気づかなかった!」と改めて発見が生まれる場面でもありました。

バッジにする作品を選んだら、とびラーから作品がコピーされた紙を受け取ります。
「あれ?これ違う絵なんじゃない?」と声をあげる方も。

 

そうです。これは、ただのコピーではありません。
本物の作品と左右が反転しています。
今、私たちが見ているブリューゲルの版画作品と、彼が実際に描いた原画は左右が逆になっています。

 

この左右反転したコピーにトレーシングペーパーを重ねて、気に入った部分をなぞって描いて、自分の想像する色を塗って、最後にトレーシングペーパーを裏返して作品と同じ向きにして缶バッジにする、というのが今回のワークショップです。

なぞり描きをする工程で、ブリューゲルの版画の緻密さに改めて触れ、線の細かな違いなどに気がつき、教えてくださる方もいらっしゃいました。
小さいお子さんからご年配の方まで、皆さんこの工程では、特に集中して「シーン」となって取り組んでいました。

 

なぞり描きを終えたら、次は彩色です。
自分の想像で、白黒の版画の世界に色をつけていきます。
ここでは、皆さんご一緒に来られた方と、たくさんの色鉛筆を前に、楽しそうにお話をしながら彩色をされていました。
同じモチーフでも、それぞれの選ぶ色で、全く違った雰囲気の作品に仕上がります。

さて、色塗りを終えたら、ついに缶バッジにします。

 

とびラーが、トレーシングペーパーを円形にカットし、それを反転させて缶バッジに仕上げます。
描き終えてここまで来た方のお顔は、なんだか達成感に満ちています。

そして、ついに出来上がり。
世界にひとつのオリジナルの缶バッジです。

よろしければご感想を・・・とお声かけしたところ、こんなにたくさん集まりました!

バッジ作りで火がついた創作熱が、この感想記入の場にも表れているようでした。

私たちとびラーにとっての嬉しい言葉もたくさんありました。

でも、どんな言葉よりも嬉しかったのは、できあがった缶バッジをお互いに見せ合ったり、服やかばんにさっそくつけたりする時の皆さんの笑顔でした。
展示室から離れたアートスタディルームでの実施でしたが、小さいお子さんからご年配の方まで、225名もの方が足を運んで参加してくださいました。
今回のワークショップが、「オリジナルの缶バッジを作って持ち帰れる」だけでなく、参加された方それぞれにとって、何か新しい気づきを得られるきっかけになっていたらいいなと思います。
参加してくださった皆さん、ありがとうございました。


執筆者:服部美香(とびラー・アートコミュニケータ)

【当日参加OK】イロイロとび缶バッジ「ブリューゲルの版画を体験しよう~なぞって彩る不思議な世界~」(6/11開催)

2017.06.02

ブリューゲルが版画で描いた不思議な世界。彼の筆跡をなぞってたどっていろどって…。あなただけの世界をバッジにして持ち帰りましょう!

 

日時|2017年6月11日(日) 午前11:00〜午後3:30(受付開始 午前11:00・先着300名*お一人様1回のみ、缶バッジがなくなり次第終了)
会場|東京都美術館 交流棟 2F アートスタディルーム
対象|「ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル『バベルの塔』展」の鑑賞を終了した方すべて
参加費|無料
参加方法|当日随時受付・事前予約なし
*広報や記録用に撮影を行います。ご了承ください。

【当日参加OK】イロイロとび缶バッジ「ヴェネツィアの空を描こう!」

2017.02.08

「ティツィアーノとヴェネツィア派展」で、缶バッジ・ワークショップを開催します。ヴェネツィア派の特徴と言える背景描写のうち、今回は特に「空」に着目します。鑑賞した作品の中で印象に残った空を、オイルパステルを使って表現してみてください。あなたが描いた「ヴェネツィアの空」を缶バッジに仕立てて、鑑賞の思い出とともに持ち帰りましょう。

 

日時|2017年3月20日(祝・月) 午前11:00〜午後4:00
(受付終了 午後3:30・先着300個限定、缶バッジがなくなり次第終了)

会場|「ティツィアーノとヴェネツィア派展」 展示室2階 休憩スペース
対象|「ティツィアーノとヴェネツィア派展」 来場者の方 どなたでも
参加費|無料(但し、高校生以上は展覧会観覧券が必要です)
参加方法|当日受付・事前申込不要

「卒展」まわって缶バッジ!! 奮闘記

2016.01.30

寒い北風の中、「卒展まわって缶バッジ」は、はじまりました。
缶バッジプロジェクト史上初の3つのシールを集めるシールラリー、そのシール収集後に卒展のポスターを使った「特製卒展缶バッジ」を持ち帰っていただくという試みに、全身全霊をかけ挑んだメンバーでした。

IMG_6499

東京都美術館の第1公募棟で、声を掛けられるのを待ちながら、いよいよ来るぞーと、待ち構えること10分。

IMG_6512
誰からの声掛けもなく、しょぼんとして作品を眺めていた時に参加者から「シールいただけますか?」「ありがとうございます」やっと1枚目のシールを渡し、私の最初のシフトは終わりました。

 

次のシフトは、東京藝術大学の絵画棟でした。今回のシールラリーは東京都美術館の第1公募棟・第2公募棟と東京藝術大学の絵画棟の3箇所をまわってシールを集めます。
暖かい美術館内を移動できる第1会場・第2会場とは違い少し離れた東京藝術大学まで、果たして来てくれるのか?など多少の不安はありましたが、のんびりと作品をみたり普段入れない大石膏室を覗いたりしていました。

その時に驚愕の報告が…
まだ始まって1時間しか経っていないのにマップ配布終了の知らせが届きました。
どよめくメンバー達ですが、やったねという笑顔も見られました。
その後、絵画棟1Fをウロウロしながら参加者とあれがよかったとかあれが好きだったとか、
楽しくお話をすることができ有意義な時間を過ごせました。
受付に戻り、ガチャポンの前に陣取ると先程お会いした方たちが、戻ってきてくれました。

DSC00825
皆さんが口々に「藝大の方も見れてよかった」といい、ガチャポンも楽しんでいただけました。
最後の参加者は、他館のスタンプラリーで手に入れた缶バッジを見せてくださり、「缶バッジラリーはとても楽しい」とお話してくださいました。
すべてがはじめて尽くしの開催でしたが、沢山の参加者の笑顔と沢山の楽しい会話から次回への確かな手ごたえを感じました。

DSC00817

山田美佐緒:いまだに「すべて潔し」の域には達せず、日々勉強の50代

【当日参加OK】イロイロとび缶バッジ〜ジヴェルニーの庭を描こう〜モネの光の色を感じて〜

2015.11.04

20151012_缶バッジpj_モネ展_ポスター

イロイロとび缶バッジ
ジヴェルニーの庭を描こう〜モネの光の色を感じて〜
あなたが展覧会で感じた、モネのジヴェルニーの庭を、缶バッジに表現してみませんか?

日時|2015年11月21日(土)22日(日)11:00〜15:30(先着300個限定)
12月4日(金)18:00〜19:30(先着100個限定)
※いずれの日程も、缶バッジがなくなり次第終了
会場|モネ展展示室2階 休憩スペース
対象|モネ展来場者の方どなたでも
参加費|無料(但し、モネ展観覧料が別途必要です(高校生以上))
参加方法|事前申込不要

★ 芸大生の卒業作品が印刷された缶バッチをプレゼント!「とびラーをさがせ!」

2015.01.29

2015年1月26日(月)〜1月31日(土)
場所:ひみつ(東京藝術大学卒業・修了作品展 展示室内)

東京藝術大学の卒業・修了作品展では、とびらプロジェクトで活動するとびラーが、展覧会会場にて来場するみなさんをお迎えします。
展覧会会期中、展示室のどこかで、ぜひとびラーを探してください。

展示室やイベントのご案内はもちろん、好きな作品やアーティストについて、藝大生の制作についてなどなど、いろんなお話が出来たらと思います。

とびラーの目印は、パンダが描かれたバッチです。
ぜひ気軽にお声がけください!

とびラーを探せたみなさんには、芸大生の卒業作品が印刷された缶バッチをプレゼント中です!

IMG_0121

tumblr_inline_nirprxEBH91suzpbz

 

とびらーとびらー

缶バッジプロジェクト: メトロポリタン美術館 古代エジプト展 女王と女神 編

2014.09.15

 

秋晴れの9月15日(月・祝)、『メトロポリタン美術館 古代エジプト展 女王と女神』展示室内2階休憩スペースで、とびラーによるワークショップ「古代文字ヒエログリフを書いてみよう!~イロイロとび缶バッジ~」を実施しました。

展示室を訪れた方々の鑑賞をより深めるための工夫はないかと思案したとびラーが、展示物に散見されるエジプトの古代文字(ヒエログリフ)に着目したことから生まれたワークショップです。自分の手で実際にヒエログリフを書いてみたら、神秘的な絵文字の刻まれた展示物をもっと身近に感じられるのではと考えたのです。そしてその体験を、美術館への親しみも込めて缶バッジに仕上げて持ち帰っていただこうと、オリジナルの50音表や台紙を作成して臨みました。

 

会場入口には大きなモニターを設置しました。とびらプロジェクトの活動と、今回のワークショップの成り立ちを紹介するためです。このワークショップのメイキングビデオの撮影&編集ももちろんとびラーの手によるものです。早速、動画に誘われて鑑賞を終えた方々が集まってきました。

 

受付では、ワークショップの主旨と作業手順を丁寧に説明してから50音表をお渡しします。ちいさなお子様の参加者に該当文字をマーキングして差し上げたのも、とびラーらしいおもてなし。「お名前は?」「○○ちゃんのお名前には鳥さんの絵がたくさんあるね!」と、受付での一コマにも参加者ととびラーの微笑ましいコミュニケーションが生まれていました。

 

50音表を受け取ったら、次は台紙選びです。この台紙は、東京都美術館の壁や床、ソファーなど、館内のいたるところの写真をプリントしたもの。ここにヒエログリフを書き込んだら、まるで東京都美術館の建築物に自分の名前を刻み込むような気持ちになりませんか?

 

作業台では、楽しそうに熱中する姿があちこちで見受けられました。一見難しそうなヒエログリフも、真似して書いてみたら意外に上手に仕上がるので、次々に感嘆の声があがります。

テーブルには書き順表や、とびラーが書いた見本もたくさん並んでいます。ヒエログリフには発音を充てた「表音文字」だけでなく、個々の意味や固有名に則した「表意文字」もあるので、ここではその一例として「ハトシェプスト女王」「ハトホル女王」など今回の展示にちなんだ名前や、「永遠」「健康」「やあ!君!」といった身近な言葉の表記を紹介しました。ご自身の名前に「永遠」の文字を組み合わせた作品を作った方もいらっしゃいましたよ!

 

作品が書けたらマシン台へ移動、とびラーが缶バッジに仕上げます。ドキドキ・ワクワクしながらプレスされるのを待つひとときもまた楽しいもの。でも実はその瞬間、担当とびラーも内心はドキドキです。世界でたったひとつの作品を仕上げるお手伝いをしているのですから、にこやかに対応しつつも失敗したらどうしようと気が気ではありません。だからこそ仕上がった喜びを参加者と共有できた瞬間は至福の時です。

 

素敵に仕上がった缶バッジにご満悦な参加者に「見せてください!」と、すかさずとびラーが声をかけます。「この背景の写真はあそこの壁のタイルです」「これはほら、この窓から見えるあの植え込みの石ですよ」「これは1階のアートラウンジにある椅子ですね、ぜひ帰りに覗いてみてください」等々のコメントとともに、東京都美術館のマップに撮影場所をマーキングしてお渡ししていたのは、『建築ツアー』でも活躍中のとびラーです。缶バッジをきっかけに、東京都美術館の建築物としての魅力をお伝えできたのも有意義なひとときでした。古代エジプトに思いを馳せつつ美術館の建物を意識してみると、3500年の時を超えて存在する展示品の偉大さもあらためて感じられたのではないでしょうか。次は『建築ツアー』でお会いしましょう!とのお約束もぜひ覚えていてくださいね。

 

こうして4時間半のワークショップが、たくさんの笑顔とともに終了しました。「展示品のヒエログリフをもう一度見てみたくなった」と展示室に戻られた方、「友だちに自慢したい!」と笑顔で伝えてくださった方、「職員証に付けて愛用する」と早速つけて見せてくださった方、「ヒエログリフの書き取りテストがあったら百点とれる!」との頼もしい小学生、「敬老の日のお祝いにおじいちゃまの名前を書いた」と教えてくださったご家族・・・ご参加いただいたみなさまが、今回のワークショップを機に『メトロポリタン美術館 古代エジプト展 女王と女神』を振り返り、鑑賞を深めていただけましたら幸いです。

わたしたちとびラーも参加者のみなさまと古代エジプト文化の一端をきっかけとしたコミュニケーションを存分に楽しませていただきました。

わたしたちとびラーは、これからも美術館がより身近な場所になるための活動を続けていきたいと思っています。みなさまとの再会、そしてより多くの新たな出会いをも願いつつ・・・。

筆者:とびラー 小松 一世

「25ミリのキャンバス」 ~ターナー展・いろいろ缶バッジ ワークショップ~

2013.11.02

展示室からショップを抜けて進むと、ガラス越しに正門を見下ろす休憩スペースがある。薄暗さに慣れた目に外光がまぶしい。

「さあ、これからどうしようか?」。鑑賞の余韻から現実に戻るその場所で、私達アートコミュニケータ(以下、とびラー)は、皆さんを今一度、ターナーの世界へいざなう。11月の最初の連休。ターナー展を観た人に、その時の気持ちをカタチにして持ち帰ってもらいたい、という想いで、缶バッジを作るワークショップを開催した。

「こんにちは!いまご覧になったターナーの作品を振り返って、自分の印象に一番近い色をこの中から選んでください。」

目の前には、30種類、枚数で言えば200枚を超える色が本の栞くらいの大きさにカットされて並んでいる。手に取っては戻し…を繰り返した中から選んだ1枚を手にテーブルに着く。

「では、選んだ紙のどの部分を切り取ってバッジにするのかを決めましょう。どの部分を選ぶかで、同じ色味でも印象が全く変わります。ここにあるスタンプでも遊べますよ。」

   

直径25ミリ。缶バッジは意外に小さい。この小さな円の中に、それぞれが自分のイメージするターナーを詰め込む。作品を観てからあまり時間が経っていないからか、迷って手が動かないという人はほとんどいない。スタンプで人気があったのは、船、そしてTURNERの文字。同じスタンプでも、どこにどのように押すか、何色で押すか次第で印象は全く異なる。一方、「ターナーらしさは、やはり独特の色彩だ」と考える人は、スタンプには目もくれない。選んだ紙から切り取りたい部分を決めたら手を加えずにそのままバッジにする人。水彩色鉛筆やペンで更に色を重ねて自分だけの色を作ろうとする人。「あ~これだと黄色が強すぎる!」と、また紙を選ぶところから始める人。それぞれがターナーのイメージを切り取り、その上に自分らしさを加えてゆく。

   

デザインが決まったら、最後の仕上げはとびラーが手伝い。作ったものの上にプラスチックのカバーを重ね、顕微鏡のような形の機械に手際よく差し込んでゆく。ハンドルを持ち上げ、出来上がったバッジを見せると、不安そうな表情が一転、笑顔に。すぐにバッグにつけたり、とびラーに「上着のこのあたりに付けてください」と頼む人も。「彼と同じ作品をみても出来上がったバッジが違う。感じ方がちがうんだなと思いました。」という女性の声も印象的だった。

「ねえ、これってターナーっぽくない?」。

作業テーブルで何度も聞いた言葉だ。「自分のターナーの印象はこうなんだけど、どうかな?」という想いから出た言葉なのだと思う。聞かれた側は、相手が自分と全く違う色を選んでいても「それもターナーっぽいね」とうなずいている。心の中にあるターナーのイメージ、ターナーの色はひとつではないのだろう。そのいくつもの残像の中から、ひとりひとりが選び取り、表現したものには、同じものはひとつもなかった。

美術館で感じたことは、たいてい、その後のおいしいランチや上野駅に向かう道すがら、次第に薄らいでゆく。今回は、もう一度立ち止まり、作品のことを思い返し、手を動かしてみた。時間にして5分から10分。短い時間だけれど、この時間のおかげで、じんわりと、いつもよりくっきりとターナーが心に染み込むように感じた。ミュージアムショップで自分の気に入ったものを買うのとは違う印象の残し方が出来たのではないだろうか。

 

 

 

ターナー展で感じたことを「持ち帰る」というコンセプトでの始めたワークショップだけれど、実際やってみると、持ち帰るというより、新しい作品を作るのに似ていた。世界で一つだけの缶バッジは、ターナーの一部であり、25ミリの小さなキャンバスに描かれたオリジナル作品でもある。今回参加して下さった方は、バッジを手にするたびにその時の気持ちがよみがえり、またいつか、ターナーに会える機会があれば、美術館にきっと足を運んでくれることだろう。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇*◇◆◇◆◇◆◇◆◇*◇◆◇◆◇◆◇◆◇*

 

 

 

 

 

 

 

 

 

筆者:とびラー    山本明日香
美術館を通う場所から関わる場所にしたくて「とびらプロジェクト」に参加。缶バッジで選んだのは黄色。

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー