東京都美術館× 東京藝術大学 「とびらプロジェクト」

ブログ

藝大卒展さんぽ2017

2017.01.31

1月末に開催された東京藝術大学の卒業・修了作品展にて「藝大卒展さんぽ」を実施しました。

この「さんぽ」プログラムはとびラーと来場者の方々が一緒に卒展の会場をぶらぶらと見てまわり、作品の感想を共有しあったり、作者である藝大生たちとの交流を通して「人と人」、「人と作品」をつなぐことを目的とした1時間のツアー企画です。

 

今年度の卒展さんぽは1月27、28、29日の3日間にわたって行われ、多くの来場者の方や藝大生にご参加いただき、鑑賞者と作者、双方にそれぞれの立場からアート・コミュニケーションを体験してもらいました。

 

今回は藝大生と参加者の交流を中心に、3日間のさんぽをまとめてご紹介します!

 

今回の「さんぽ」では、まず東京都美術館の公募棟・ギャラリー棟をめぐるチームと、東京藝術大学のキャンパスをめぐるチームに分かれます。

いずれも出発は東京都美術館のミュージアムショップ前。

とびラーと参加者でおはなしをしながら展示会場へ向かいます。

 

 

学生生活の集大成のお披露目の場。その作品たちを一目見ようと会場内は連日にぎわっています。

その中にさんぽ一行も入っていきます。

 

 

道中気になる作品があればみんなで眺め、感想を共有します。

とびラーは会場内をナビゲートしつつも作品の解説をするわけではなく、参加者の皆さんと同じく作品を楽しみながら、一緒に歩を進めます。

 

とある作品の前で立ち止まり、とびラーが参加者に問いかけます。

 

「こちらの作品をみんなで鑑賞したいと思います。それではじっくりご覧ください。

・・・さて、ご覧になってみて、何か気になった点や感じたことはありますか?」

 

参加者は思い思いの印象や感想を語り、周りの人たちへ共有していきます。

自分とは異なる感想に、なるほど、と頷く参加者たち。

そんな様子を後ろからこっそり伺う学生がいます。

 

「様々な感想や気になる点が出ましたね。

実は、こちらの作品を作った学生がそちらにいらっしゃいますので

せっかくなので本人にもいろいろ聞いてみましょう!」

 

そうです。実は作者である藝大生にスタンバイしてもらっていました。

 

 

 

 

ここからがさんぽの醍醐味。学生と参加者の交流の時間です。

作品のコンセプトやその思い。制作の様子や苦労話が作者本人の口から語られます。

 

 

一通り説明が終わると、今度は参加者から作者へ質問が投げかけられます。

学生生活の集大成となる、個性的な作品ばかり。お話をするうちに、作品に対する興味もどんどん深まっていきます。

 

 

 

 

作品の中に入って遊んでみたり、実際に叩いて音をならしてみたり。

その場でしか体験できない空間を楽しみながら「さんぽ」は続きます。

 

 

 

 

そして作者の特権!直接作品を手に取りながら、材質や素材の説明もしてもらいました。

重そうに見える作品も実は軽かったり、身の回りにあるものから作品を制作していたり。

見た目と素材のギャップに、参加者もとびラーも驚くばかり。

 

 

 

 

卒展ではほとんどの作品にキャプションがついていません。

学生の話を直接聞くことで、作者の内面や、この制作に至るまでの背景など、作品を見ただけではわからないことが、ちょっとずつ明かされていきます。

 

 

 

何名かの作者の話を聞いて回り、たくさんの交流を体験したところで「さんぽ」は終了。

 

 

プログラム終了後、参加者の皆様には、その日訪れた学生たちに向けて、作品の感想や応援・激励が込められたメッセージカードを書いていただきます。

 

はがきサイズのカード。中にはカードいっぱいにメッセージを書いてくれた方も。

このメッセージカードはとびラーから学生たちへお届けしました。

「見てくれた方からの『気持ち』を受け取ることができる機会は、なかなかない!」

ちょっと照れた様子ながらも、メッセージを受け取った学生たちはどこか嬉しそうでした。

 

プログラムに参加した学生たちからは以下のような感想をいただきました。

・自分自身で気づかなかった作品の良さや、自分の伝えたかったことが伝わった時の嬉しさを生み出してくれる場を作ってくれた。
・関係者以外との交流は初めてで、とてもドキドキだったけど楽しかった。
・美術館という機関で、一歩近い距離に「作家」と「作品」と「鑑賞者」をつなぐとびラーの役割や機能について考えさせられた。

 

作り手である学生たちに、自らの作品から生まれるコミュニケーションがあることを知ってもらえたように感じています。

 

今回のさんぽでは、3日間を通して延べ40名以上もの方にご参加いただきました。

また、ご登場いただいた藝大生は14名。

本当にありがとうございました。

 

「作者と交流」、あるいは「参加者と交流」しながらアート・コミュニケーションを体験できるこの「さんぽ」。

 

これからもたくさんの出会いがこのプログラムから生まれていけばいいなぁ、と思います。

 

小田澤直人(アート・コミュニケータ「とびラー」)

 

 

 

 

 

明日から第65回東京藝術大学卒業・修了作品展がはじまります!

2017.01.25

1月26日(木)から1月31日(火)まで、東京都美術館、東京藝術大学大学美術館および美術学部構内において第65回東京藝術大学卒業・修了作品展を開催いたします。

学生生活の集大成として毎年ご好評を頂いております卒業・修了作品展は、今回で65回目を迎えます。美術学部全科が上野に一堂に会し、東京都美術館、大学美術館、陳列館や正木記念館、また、学内の各科の特徴のあるアトリエのスペースや屋外のロケーションなどを活用しながら、見応えのある展覧会を構成していきます。展覧会を通して本学の恵まれた制作・研究環境を楽しみながら、本学卒業・修了生のこれまでの質の高い成果と、これからの更なる成長の兆しを感じ取っていただけることでしょう。
どうぞ広くご高覧、ご高評いただき、本学卒業・修了生の成長に期待していただければ幸いです。

 

 

会期|2017年1月26日 (木)-1月31日(火) 会期中無休
9:30-17:30(入館は17:00まで)
* 最終日は9:30-12:30(入館は12:00まで)
会場|学部―東京都美術館
大学院―大学美術館・大学構内
観覧料|無料
主催|東京藝術大学

ウェブサイト

 

 

 とびラーによるイベントも盛りだくさん!

 

卒業・修了作品展では、「とびらプロジェクト」のイベントも多数開催。とびラーが藝大生の作品と、ご来場のみなさんを繋ぎます。
イベントの詳細は、とびらプロジェクトをよく知る3日間「とびらフェス」のページをご覧ください。
詳細はコチラ

 

 

 期間限定卒展ショップ「藝大生のスケッチブック」オープン!

 

東京藝術大学 卒業・修了作品展の関連企画、「藝大生のスケッチブック」が東京都美術館のミュージアムショップとの連携により期間限定でオープンします。藝大生が作品を制作する過程で描いた「エスキース」や「ドローイング」、陶芸やジュエリー、アートグッズなどの小作品を、ショップのイベントスペース「黒板ギャラリー」で販売します。

開催日程|2017年1月17日(火)~2月5日(日)
時間|9時30分〜17時30分(ミュージアムショップの営業時間に準ず)
会場|東京都美術館 ミュージアムショップ

★今年も黒板はとびラーが描きました!こちらもあわせてお楽しみください。

 

 

卒展への思いや作品の制作過程をとびラーが取材する「藝大生のインタビュー」

 

「モノとモノの出会い・操作『そこでしか生まれない瞬間』を探って」 
油画専攻 4 年・星野陽子さん


「私の記憶」
 

先端芸術表現科4年・黒松理穂さん


「彫刻とは、『嘘的』であり『暴力的』である」
 

彫刻科4年・吉野俊太郎さん


「積層する時間」
 

美術教育・修士2年・橋本大輔さん


「どうしようもなく溢れてくる孤立した言葉や記号をモチーフに」
 

油画科4年 楊博(ヤン・ボー)さん


「走レ」

工芸科4年・大崎風実さん


「『誰かと交流したくなる気持ち』が生まれる遊びの場所を求めて」
 

先端芸術表現科修士2年・今井さつきさん


「日本画を描きつづけて」
 

日本画専攻4年・石山諒さん


「墨と和紙の表現から、現代に通じるアートを探って」
 

文化財保存学修士2年・谷津有紀さん


「アイディアを考え続けること、誰かに伝えること〜スーツ生地の可能性をひらく」

デザイン科修士2年・竹之内洋平さん《RE SUIT》


「目に見えない不思議、言葉にならない感覚も描きたくて」

日本画修士2年・森友紀恵さん

東京藝術大学卒業・修了作品展 「藝大卒展さんぽ」 開催!

2015.01.28

東京藝術大学と東京都美術館の連携事業「とびらプロジェクト」のアート・コミュニケータ(愛称:とびラー)が、東京藝術大学卒業・修了作品展をご案内します!
さんぽのような気軽な気持ちで展示室をめぐり、みんなで作品を見たり、とびラーや藝大生との交流を楽しみたい方、ご参加をお待ちしています!

日程|2015年1月27日(火)15:00~
|2015年1月31日(土)11:00~
|(1時間程度です)
会場|東京都美術館あるいは東京藝術大学
受付時間・場所|開始10分前、東京都美術館 ロビー階 ミュージアムショップ前
定員|15名 *先着順です

<参加無料>
主催|東京都美術館×東京藝術大学「とびらプロジェクト」


昨年度の「藝大卒展さんぽ」の様子はコチラをご覧ください!

sannpo

【一般公開】藝大油画学部4年生 最終講評会 YES! Back to the FUTURE! ー入学時からの変化の軌跡を追うー

2015.01.22

1月26日(月)から1月31日(土)まで、東京都美術館、東京藝術大学大学美術館および本学美術学部構内において第63回東京藝術大学卒業・修了作品展を開催いたします。

東京藝術大学油画学部4年は、昨年度から油画教員による作品の最終講評会を一般公開しており、今年度も第63 回東京藝術大学卒業・修了作品展の学部生のメイン展示会場である東京都美術館の講堂にて、油画全教員による講評会を開催致します。講堂のステージに教員と学生が上がり、入学から卒業するまでの4年間の作品をスクリーンに映しながら、卒業制作に至るまでの軌跡を振り返ります。ぜひ、卒業・修了作品展と併せてご高覧下さい。

日時|2015年1月28日(水) 10:00~13:00
会場|東京都美術館講堂
※入場料無料・予約不要

参加教員|
小林正人 准教授、小山穂太郎 教授、坂口寛敏 教授、
杉戸洋 准教授、保科豊巳 教授、坂田哲也 教授、
O JUN 教授、東谷武美 教授、三井田盛一郎 准教授、
中村政人 准教授、工藤晴也 教授、齋藤芽生 准教授、
秋本貴透 准教授、非常勤講師

10931423_609777339123388_4722504763857773811_n

東京藝術大学卒業・修了作品展『見楽会』 開催!

2015.01.22

対話しながら藝大生の作品を鑑賞します。作品の解説を聞くのではなく、自分の考えたこと、感じたことを言葉にしたり、隣 の人の考えを聞いたりしながら作品に向き合う時間。とびラーと一緒にそんな時間を過ごしてみませんか。一人で見る時とはまた違った『卒展』をたのしめるか もしれません。

皆様のご参加、お待ちしております!

日時|1月26日(月)、29日(木)両日13:00 〜 14:00
会場|東京都美術館 『東京藝術大学卒業・修了作品展』展示室
集合|13:00に東京都美術館ロビー階 ミュージアムショップ前
定員|各回10名程度(先着順にて締め切りとなります)
<参加無料>
主催|東京都美術館×東京藝術大学「とびらプロジェクト」

ご注意事項
※作品の解説会ではありません。
※広報・記録用に録音・撮影を行う場合があります。ご了承ください。

DSCN9888

日比野克彦 × とびラー 座談会開催!

2015.01.20

東京藝術大学美術学部先端芸術表現科の教授であり、東京都美術館と東京藝術大学の連携事業「とびらプロジェクト」を統括する日比野克彦のトークイベントを開催いたします。対談するのは、「とびらプロジェクト」で活動するアート・コミュニケータ(愛称:とびラー)です。
たくさんの方のご参加、お待ちしています!

期日|2015年1月26日(月)
時間|15:00 〜 16:30
会場|東京都美術館 1階アートラウンジ
<参加無料>
主催|東京都美術館×東京藝術大学「とびらプロジェクト」

_MG_0936_MG_1011_MG_0986

第63回 東京藝術大学卒業・修了作品展がはじまります!

2015.01.18

1月26日(月)から1月31日(土)まで、東京都美術館、東京藝術大学大学美術館および本学美術学部構内において第63回東京藝術大学卒業・修了作品展を開催いたします。
学生生活の集大成として毎年ご好評を頂いております卒業・修了作品展は、今回で63回目を迎えます。今年も前回に引き続き、美術学部全科が上野に一堂に会し、東京都美術館、大学美術館、陳列館や正木記念館、また、学内の各科の特徴のあるアトリエのスペースや屋外のロケーションなどを活用しながら、見応えのある展覧会を構成していきます。
展覧会を通して本学の恵まれた制作・研究環境を楽しみながら、本学卒業・修了生のこれまでの質の高い成果と、これからの更なる成長の兆しを感じ取っていただけることでしょう。どうぞ広くご高覧、ご高評いただき、本学卒業・修了生の成長に期待していただければ幸いです。

会期:2015年1月26日(月)-1月31日(土)
   会期中無休
   9:30-17:30(入館は17:00まで)
   * 最終日は9:30-12:30(入館は12:00まで)
会場:学部―東京都美術館
   大学院―大学美術館・大学構内
観覧料:無料
主催:東京藝術大学

ウェブサイト
http://diploma-works.geidai.ac.jp/
tumblr_static_206m3h3nnmw0o4gkcs4ssogco

第62回 東京藝術大学 卒業・修了作品展

2013.01.31

◉前日準備

◉会期スタート!

<見楽会>

<卒展さんぽ>

<東京都美術館 ミュージアムショップ「藝大生のスケッチブック」>

<弾丸ツアー>

<とびラー×日比野克彦 座談会>

<コンシェルジュ>

第61回 東京藝術大学卒業修了作品展 とびラー大活躍

2013.01.31

1月26日(土)から31日(木)にかけて第61回東京藝術大学卒業修了作品展(以下:卒修展)が開催されました。今年の卒修展は東京都美術館と東京藝術大学を一つのコミュニティーとして捉え、藝大生ととびラー候補生(以下:とびコー)のみなさんが力を合わせて取り組みました。東京都美術館(以下:都美)のロビー階入り口正面には、東京都美術館のロゴと東京藝術大学のロゴのオブジェがついたコンシェルジュタワーが設置されました。さわやかな藝大生二人が来館者をご案内しています。

 

都美のことなら熟知しているとびコーの大阪さん。力強い身方です。

 

今年の卒修展は2年ぶり(改修工事が2年間行なわれた)に都美で開催される卒修展です。リニューアルしたのは外観だけではなく、アート・コミュニティー形成事業(とびらプロジェクト)のもと、卒修展でもさまざまな試みがなされました。写真はミュージアム・ショップでライブペインティングを行なう先端芸術表現科修士2年生の林友深さん。

 

卒修展期間中のミージアム・ショップでは「スケッチブック」と題して、藝大生のドローイングが販売されました。卒業修了作品を鑑賞するだけではなく、ご来館されたみなさまに作品を持つ喜びを伝えたい、そんな藝大生の気持ちから生まれ企画です。こうした企画は、今年から卒修展を盛り上げて行こうとする藝大生によるプロジェクトチーム「PandA」によって進められています。「PandA」は卒業生修了生だけでなく藝大生なら誰でも参加できます。そして、「PandA」と「とびらプロジェクト」が連携することで、東京藝大の卒修展は、卒業修了生だけではなく、より多くの人々が参加できるプロジェクトとなって行きます。

 

こちらは、藝大生が自分の「作品を語る60分」と題したトークイベントの様子。ゲストは藝大生、モデレータは僕(伊藤)ととびコーさん(日替わり)。卒修展会期中5日間毎日13時~14時の間行なわれました。登壇して頂く藝大生は日本画、油画、彫刻、デザイン、工芸、芸術学、建築、先端芸術表現と日替わりでさまざま。同じ藝大にいても考えていることや、制作している作品などはそれぞれ異なるので、僕もモデレーターを勤めながらとても勉強になりました。今の藝大生は僕が学生のころよりもしっかりしている様に思い、思わす関心して聞いてしまいました。

 

会場からの質問も多く、和やかなお昼休みのひと時を演出するトークの時間となりました。

 

トークが終わると、初日限定で僕「伊藤達矢の卒修展弾丸ツアー」が行なわれました。卒修展は都美に加え、敷地が隣りあった東京藝大の校内全域を使った展覧会となっています。そのため、会場も広く順路も分かり難いため、1時間で効率よく一気に僕が案内してまわるという強行ツアーです。お客様は少ないだろうな~と予想していたところ、25名(スタッフいれたら30弱)もの方々にお集り頂きました。

 

藝大のことならだいたい分かっているはずの僕が、相当な急ぎ足で(脱落するお客様も気にせず)凡そ300点を超える作品を全て見てまわったのですが、結局2時間かかってしまいました。すみませんでした。。。そして、みなさん大変お疲れさまでした。最後は拍手で終わらせて頂き恐縮です。

 

卒修展期間中に毎日開催されていた企画の一つに先端芸術表現科の学生たちが企画した「午後ラウンジ」があります。毎日外部からゲスト講師を招き、卒修展の会場で自ら作品のプレゼンを行い、ゲストとともにアートについて語り合うという企画です。なんとそのゲスト講師にとびコーのみなさんが招かれました。アートのプロフェッショナルではありませんが、率直な意見や感想で藝大生と語り合っていました。

 

今回の卒修展のさまざまな企画のアイディアを出してくれたり、ミュージアム・ショップでのドローイング販売を成功に導いてくれた藝大生による卒修展企画チーム「PandA」のみなさんと、日比野克彦教授とのトークも開催されました。

 

都美のラウンジはいつのまにか大勢の来場者でいっぱいになりました。少し控えめに設えたのですが、さすがは日比野先生。これまでの卒修展では学科をまたいでの交流はありませんでしたし、教授と学生とが話をする機会などもありませんでした。今回の卒修展では、大学の教員、学生、美術館の学芸員、一般から集まったアート・コミュニケータ(とびコーさんたち)、それにその日たまたま居合わせた来場者が一体となっる様子が度々伺えました。

 

卒修展ではとびコーさんたちから発案された企画も実行されました。これまでの「とびらプロジェクト」で培ってきたノウハウを活かしながら、藝大生の作品を題材に、来場者へ向けてVTS(ビジュアル・シンキング・ストラテジー)が行なわれました。

 

来場者との対話を大切にしながた、大勢のまなざしを共有する時間ができました。こうした企画が自発的に出来上がってゆくのはとても素晴らしいことだと思いました。さすがアート・コミュニケータです。

日比野先生のトークは日を変えて第2段「レストランでトーク」が開催されました。会場は都美の2階にあるイタリアンレストラン「ミュージアムテラス」。日比野先生ととびコーのみなさんで卒修展を語りました。途中でレストランの店長田中さんも登場。「店をつくることはまちをつくること」素晴らしい。都美はさまざまな志のある方々で出来ていますね。

 

トークは夕方の閉店まで続きました。そして卒修展も無事に6日間の会期を終えることができました。ご来場頂いたみなさま、本当にありがとうございました。これほどまでに遊び尽くした卒修展はなかったかと思います。東京都美術館と東京藝術大学とが年に1度だけ共同で行なう展覧会「東京藝術大学卒業修了作品展」は、より多くの方々ととにもつくって行く展覧会です。来年こそは一緒に卒修展に関わりたいと思った方、是非来年は一緒にやりましょう。
(とびらプロジェクトマネージャ 伊藤達矢)

東京藝術大学 アトリエ・工房ツアー

2012.10.12

とびらプロジェクト・アシスタントの大谷郁です。
1月末に開催される東京藝術大学卒業修了作品展(以下:藝大卒展)が藝大上野校地と東京都美術館(以下:都美)の2会場で行われます。今年はとびらプロジェクトも藝大卒展と連携することから、とびラー候補生(以下:とびコー)限定「東京藝術大学アトリエ・工房の見学ツアー」が行われました。ツアーガイドはとびらプロジェクト・マネージャの伊藤とコーディネータの近藤、それに美術学部教務係長の田野邊さん、同じく教務係卒業修了制作展担当の萬代さんです。
^
年度末の藝大卒展はとびコーさんが活躍する次なる大舞台となりますが、お隣にある藝大生の実態を実はあまり知りません・・・。藝大生は普段どのようなところで制作しているのでしょうか?どんなキャンパスライフを送っているのでしょうか?・・・知りたい! そこで、作品の生まれる現場を見に行こう!そして、藝大卒展の魅力を発進するきっかけを掴もう!という試みです。普段は教員・学生でなければなかなか入ることの出来ない場所であり、プロジェクト・マネージャの伊藤(助教)ですら自分の学科以外の授業中のアトリエには入ったことが無いというまさに聖域です。しかし、今回は美術学部の特別の計らいでツアーが実現しました。さー、いざ藝大のアトリエ・工房へ!

まずは日本画専攻のアトリエ。静かで落ち着いた雰囲気の中、大学院生が古典作品(国宝)の模本の制作をしていました。テーブルにはたくさんの資料と、色見本などが置いてあります。

 

実物の複写を見ながら丁寧に描き込んでいきます。学校で実物を見ながら制作することは出来ませんが、所蔵場所まで脚を運び色などの細かな調整も行うそうです。デスクに収まる程のサイズでも、完成までに1~2年要するとのこと。本当に緻密な作業で、緊張感のあるアトリエの雰囲気が印象的でした。

 

次に油画専攻のアトリエへ。油画専攻は日本画専攻と同じ絵画棟にあります。アトリエへ入るとまず目に入るのが白壁に飾られた沢山の絵。アトリエを共有する数人の学生たちがここで制作をしています。このように大きな作品を学校で制作する学生もいれば、学校以外の自宅などで制作する学生もいるそうです。アトリエを共有しながらも、画材を広げ、資料を広げ、それぞれがそれぞれのスタイルを持っている様子でした。

 

次は版画専攻を見学。油画専攻の学部3年生から選択し所属することができます。版画は、木版や銅版をはじめ様々な技法があり、実習を通して基礎的な技術を習得します。こちらは木版の制作風景、鮮やかな色合いが素敵です。

 

次は彫刻科の工房。金属や石や木材を加工する機械の大きな音が響き渡ります。石を研磨したり、金属を繋いだり、大きな木を彫ったりと作業も様々。私には何に使用するのか一見わからない機材や工具で溢れる工房でした。
学生たちの格好も危険を伴う作業に適したものになっています。ちなみにお昼休みは、制作の合間を縫って作業着のまま学食に来る工事現場のお兄さんのような学生も大勢います。一般大学には見られない少し変わった光景です。

 

次に工芸科へ。こちらもまた彫金をはじめ漆芸、陶芸などの細かい分野に分かれ伝統技法を学びます。写真は鍛金専攻の工房、大きな機械が立ち並びます。講師の方からどのような加工に使われるのかを説明をしていただきました。彫刻科と扱う素材は近いですが、工芸科では伝統的な工芸技術の継承を主体とした教育の取り組みがなされているそうです。

 

学生作品を資料として見せていただきました。一枚の金属板が壷や動物へと形を変えるのだから不思議です。「例えば金属を叩いて形をつくるとき、失敗すると1からやり直しなのですか?」と質問すると、「直しが利くようにまずはざっくりと大きく形をとっていき、徐々に細かく手を入れて行きます。動物の目鼻のように一発で決めなければならないポイントもあります。」とのことでした。出来上がった作品と扱ったことがなければ想定しづらい制作の過程とを見比べることができ、とびコーのみなさんも驚いた様子でした。

 

最後はデザイン科のアトリエへ。機材、工具が多く置かれていた彫刻科、工芸科からは一転、とてもスタイリッシュな空間です。
ちょうど授業内で制作した作品の展示が行われていました。チョコレートメーカーのロゴやポスター、パッケージの様々なアイディアがずらっと並んでいます。このような課題や実習を積み重ね、卒業時には学生それぞれが自らの表現を作品として発表します。
^
今回は2時間程のツアーの中で多くのアトリエや工房を見学しましたが、残念ながら全ての学科を見学できた訳ではありません。まだまだ藝大には魅力的な学科がたくさんあります。1月の藝大卒展はそんな藝大の魅力を一度に見ることのできる、たまと無い機会です。今からとても楽しみです。
^
とびらプロジェクトでは今回のツアーをきっかけに、藝大卒展に向けて卒業作品を制作している学生を取材し、随時ブログにて公開していきます。出来上がった作品だけではなく制作の過程や作者の顔を追うことで、これまでよりもさらに藝大卒展を身近に、また藝大そのものを魅力的に感じて頂ける様にしたいと思います。最後に、各学科の教育研究助手のみなさま講師の皆様、懇切丁寧に学科内の案内と説明をして下さり、誠にありがとうございました!(とびらプロジェクト・アシスタント 大谷郁)

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー