東京都美術館× 東京藝術大学 「とびらプロジェクト」

ブログ

Archive for 7月 5th, 2012

2012.07.05

The Access Program (Special Show Supporting Those with Disabilities) Practical Course has begun. The first Special Show (Mauritshuis Gallery exhibition) is scheduled for August 27th (Monday). This time, the instructor is the curator, Ms. Ōhashi, who is also the supervising curator of the Mauritshuis Gallery exhibition. At first, she explained such things as manners within the exhibition hall and an overview of the Access Program Practical Course that is starting now.

The Museum is closed today (Monday). The Practical Course proceeded in an empty exhibition hall. Initially, while confirming the route, Ms. Ohashi explained the works to us.

There is a long escalator in the exhibition hall. The building is normally packed and people usually have to wait 1-2 hours to enter. But it is deserted today.


After confirming the route by walking the entire length once, we paired off and took in the works by wheelchair. We experienced for ourselves how we should navigate the exhibition space in a wheelchair and from what distance we could get a good view of the art work. When there are multiple wheelchairs in the exhibition hall, it feels smaller than usual. Since there will probably also be visually impaired visitors, it is important to understand the space.
Today we foresee a lot of visitors with disabilities coming to the Museum. The Access Program will grow through the combined results of many different efforts. (Project Manager: Tatsuya Itō)

2012.07.05

アクセスプログラム(障がいのある方の為の特別鑑賞会サポート)の実践講座がはじまりました。初回、「マウリッツハイス美術館展」特別鑑賞会は8月27日(月)に予定されています。今回の講師は学芸員の大橋さん。「マウリッツハイス美術館展」の担当学芸員でもあります。はじめに、大橋さんから展示室内でのマナーや、これからはじまるアクセスプログラムの実践講座の概要について説明がありました。

 

本日は休館日(月曜日)。誰もいない展示室で、実践講座が進められました。まずは導線の確認をしながら、大橋さんに作品の解説をして頂きました。

 

展示室内にある長いエスカレーター。普段は1時間~2時間待ちで大混雑している館内ですが、今日はひっそりしています。

 

歩いて一通り導線を確認した後は、二人一組になって、車椅子で作品の鑑賞をして頂きました。車椅子で展示会場を移動するにはどうすれば良いか、またどのくらい離れれば作品がよく見えるかなどを直接体験して頂きました。車椅子が何台も展示室にあるときは、普段よりも展示室が狭く感じます。目の不自由なお客様もいらっしゃると思うので、空間の把握は大事です。
 ^
当日は相当大勢の障がい者の方が来館される見通しです。色々工夫を重ねることで、アスセスプログラムが育って行ければと思います。
(プロジェクトマネージャ:伊藤達矢)

カレンダー

2012年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

カテゴリー